【秋華賞回顧】リバティ“三冠”心から祝福も 残念だった「ライバルたちの姿勢」

佐藤直文 レース回顧
秋華賞

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

牝馬三冠も通過点 孤高の女王リバティアイランドが次なるステージへ

 まずは圧倒的な内容で史上7頭目となる牝馬三冠を達成したリバティアイランドに、心よりの祝福を送りたいが、惜しむらくは、道中でプレッシャーをかけるなり、果敢に勝負を挑むなりした馬が一頭もいなかったことだ。戦う前に白旗を上げていたわけではないはずだが、特にこれまで肌を合わせてきた馬たちに、そういう姿勢が見られなかったことは残念なことである。

 そのリバティアイランドのレースぶりを振り返ってみるが、序盤は中団の前で枠順的にも周りを囲まれての追走。ペースも落ち着いて動きにくいポジションだったが、馬群がバラけ始めた3コーナー手前で外目に進路を確保すると、あとは一頭だけ違う手応えで進出し、直線を向いた時点でもう先頭に立った。桜花賞ともオークスともまた違った形であったが、後続を大きく離して最後は流した分だけ2着馬に迫られたとはいえ、内容的には完勝だったと言えるだろう。前述したように、他馬から道中での厳しいマークやプレッシャーがなかったことは確かだが、仮にそれがあったとしても勝っていたと思えるほどのパフォーマンス。馬体にも成長が見られ、更に良くなりそうな次のステージが楽しみである。

リバティアイランド

単勝オッズ1.1倍の支持を受けたリバティアイランドが危なげなく牝馬三冠を達成

 2着マスクトディーヴァは、後方から4コーナーでもスムーズに捌くことができなかったが、勝ち馬が抜けてからだったとはいえ脚を余し気味でここまで差を詰めたのは立派な走りだった。

 3着ハーパーは、内枠から好位で巧く流れに乗れていたが、4コーナーでは馬体を併せるシーンがないままに一気に勝ち馬に置かれてしまった形。結果的には2着馬にも水を開けられてしまった。

 4着ドゥーラは、3コーナー過ぎからは外の勝ち馬と馬体を併せる形となったが、そこから一緒に動いて行くことができなかった。

 5着モリアーナは、後方からインにこだわっての強襲策だったが、上位2頭にそれ以上の脚を使われては3着争いが精一杯だった。

 ヒップホップソウルは、外枠から折り合いを重視する余りどんどんポジションが悪くなってしまった。前走のような積極的な立ち回りを期待していただけに、少し残念な競馬だった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

土曜函館2歳S「33万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。