モノが違ったワグネリアン 来春のクラシックにはどんな姿で

佐藤直文 レース回顧
東京スポーツ杯2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ディープ産駒の成長力にも期待 ワグネリアン

 7頭立ての少頭数ながら、前半3ハロン通過が34秒7、1000m通過も58秒5という2歳戦としてはかなりのハイペースに。ジックリ運んでの直線勝負を目論んでいた人気両馬のとっては、お誂え向きの展開となった。

 ワグネリアンは、前が飛ばす展開にも全く動じずの後方待機。直後に2着馬がマークする形だったが、直線でも大外に進路を取って手応え十分に抜け出した。後続に3馬身差はモノが違ったと言えるが、今後は来春に備えるとのことで、クラシックの有力馬となることは間違いない。唯一の懸念があるとすれば、早い時期のデビューで結果を出してきたことで、成長力があるかということだろうが、ディープ産駒の牡馬ならその心配も杞憂に終わりそう。まずは無事に春を迎えて欲しい。

ワグネリアン

能力の違いを見せたワグネリアンが重賞初V(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ルーカスは、人気の差以上の完敗と言えるが、まだ子供っぽい面も残していたし、何より晩成の血統で完成は先の馬。競馬自体も先々を考えた形だった印象を受け、それでいてしっかりと本賞金を稼いだのであれば、上々の首尾であった。

 3着シャルルマーニュは、道中3番手でも速い流れで、これを崩れに踏ん張ったことは評価できる。速い脚を使うタイプではないが、息の長い脚を使えるタイプで、距離はもっと延びて良さそうだ。

 4着カフジバンガードも、最後までしっかりと脚を伸ばして2着とはコンマ1秒差。未勝利勝ちは不良馬場での圧勝だったが、良馬場でもやれることを示した。

 5着ゴールドギアは、バテた馬を交わした程度。まだこれからの馬だろう。

 コスモイグナーツは、ロケットスタート切ったこともあり、意識的に飛ばしたのかと思えるが、キャリアを積んで行けば、いい逃げ馬に成長する可能性はある。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル