先々が楽しみなハーツクライ産駒 グレイル&タイムフライヤー

佐藤直文 レース回顧
京都2歳S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手前を替えずに差し切り グレイル

 序盤こそ縦長の展開となったが、少し時計のかかる馬場を考えても1000m通過61秒7はゆったりとした流れ。その後も3角の坂を下るまでペースは上がらず、直線向いてヨーイドンの競馬となったが、上位2頭の素質と能力は他馬とは一線を画していたように思う。

 グレイルは、今日のような緩いペースだったことで流れに乗る競馬ができた。まだ反応が一息で、道中でマークしていた2着馬に一旦は水を開けられたが、直線でも手前を替えぬまま差し切ったあたりが素質の高さだろう。内回りよりも外回り、距離ももっとあって良さそうなタイプであり、ハーツクライ産駒の成長力を考えても今後が楽しみである。

グレイル

グレイルが同じハーツクライ産駒のタイムフライヤーを差し切って優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着タイムフライヤーは、前を見ながら好位で運び、一旦は完全に抜け出す形。ゴール寸前でアタマ差交わされたものの、これは抜け出して目標となった分の差であり、ジョッキーは責められない。今日は相手が悪かっただけであり、これまた今後に期待を抱かせるハーツクライ産駒だ。

 3着ケイティクレバーは、マイペースで運んで自身もけっしてバテてはいなかったが、上位2頭とは力の差。ただ、自分の型を持っていることは、今後も武器となるはずだ。

 マイハートビートは、出遅れて後方から。ペースの緩んだ中盤以降に追い上げを開始して4角では勝ち馬の外まで進出していたが、そこまでに脚を使ったこともあって直線では伸びなかった。今日のところは参考外と言えるかもしれない。スラッシュメタルは、初戦が少し楽に勝ち過ぎたのかもしれないが、まだキャリア不足の感を受けた。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル