もはや暮れの風物詩と言える最強タッグ アルバート&ムーアが3連覇

佐藤直文 レース回顧
ステイヤーズS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外目進出から何の苦労もなく アルバート

 GIIの別定戦としてはメンバーの質のみならず頭数も少し淋しい感を拭えない一戦となったが、レース2連覇中のマラソン王者が57キロの斤量で出走できるとあっては、挑戦者が手薄になるのも仕方ないかもしれない。ただ、前半1000mは62秒2と、この距離としては速めのラップであり、勝負どころから先行好位勢が早目にスパートをかけるなど、王者への抵抗も示して、それなりに見応えのあるレースだったように思う。

 アルバートは、そういった挑戦者の抵抗にも我関せずとばかりに、道中は後方でジックリと構え、3角を過ぎてから馬群の外目を進出し、直線では先に抜け出した2着馬を並ぶ間もなく交わしさる横綱相撲。適度な流れだったこともあったが、何の苦労もなく3連覇達成となった。この秋2戦こそは案外の内容だったが、ようやく本来の姿を見せた形であり、これまでは結果が出ていないGIの舞台でも、体調さえ伴えばけっして手が届かない馬ではないはずだ。

アルバート

断然人気に応え3連覇を達成したアルバート(左)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着フェイムゲームは、プラス16キロの体重こそ太くは見えなかったが、道中でいつになく掛かり気味になったあたり、やはり少し重かったか。ただ、早目に動いて一旦は抜け出した内容自体は力に衰えがないこと示すものであり、相手が悪かっただけだろう。

 3着プレストウィックは、自分の競馬に徹して直線ではらしい伸びを見せたもの。前走を叩いての上積みもあったし、中山の長距離戦もこの馬には合っている。上位2頭とは力の差と言えるが、持てる力は出し切ったと見ていい。

 4着プロレタリアトは、勝負どころから勝ち馬と並ぶように進出して、直線でも渋太く脚を伸ばしていた。これまでの実績を考えても大健闘と言えるだろう。

 5着シホウは、これまたプラス14キロだったが、このくらいの体重でも走っている馬であり、言い訳にはならないだろう。まだ重賞では力不足と見るべきか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2017年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、想定単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・騎手
  • 次走予定
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬@ソーシャル