大暴挙? 内枠有利の京都金杯で、データ班は外枠馬に◎

重賞データ攻略
京都金杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年はエアスピネル、ブラックスピネルの「スピネル丼」で決着。勝ったエアスピネルは先のマイルCSでも2着と、マイル路線で存在感を示したが、今年もニュースター候補は現れるか?

とにかく内枠が有利

 開幕週ということがこれ以上ない要因だが、内枠が圧倒的有利なレース。

枠順別成績(過去10年)
1枠〔3.3.1.13〕
2枠〔2.1.1.16〕
3枠〔1.3.3.13〕
4枠〔3.1.2.14〕
5枠〔1.0.2.17〕
6枠〔0.0.0.19〕
7枠〔0.1.0.21〕
8枠〔0.1.1.21〕

 1~4枠が〔9.8.7.56〕、5~8枠が〔1.2.3.78〕。5枠の成績は決して悪くなく、6~8枠にまで絞ると〔0.2.1.61〕なので、外枠はかなり不利。ただし、今年は13頭立て。例年は16~18頭立てであることを考えると、今年はそれほど内外の有利不利はないかもしれない。

前走はマイル以上が理想

 各馬のステップはマイルCSや阪神C、OP特別から臨む馬など、GIIIらしく多彩。そこで気を付けたいのは前走の距離だ。

前走レース別成績(過去10年)
マイルCS〔1.2.1.12〕
チャレンジC〔1.1.0.6〕
リゲルS〔1.0.0.8〕
阪神C〔0.2.4.19〕

前走距離別成績(過去10年)
1400m〔0.2.5.30〕
1600m〔5.3.3.52〕
1800m〔4.5.0.28〕
距離延長〔0.2.5.33〕
距離短縮〔5.5.2.49〕

 距離延長で臨む馬が不振傾向。特に、阪神C以外の距離延長組は〔0.0.1.14〕なので、割り引いて考える必要がある。また、前年のマイルCS出走馬が〔2.3.3.16〕だが、そこで勝ち馬から0.5秒差以内に健闘していれば〔2.2.2.5〕と半数以上が馬券に絡む計算。昨年のマイルCSでともに0.3秒差だったブラックムーンクルーガーは馬券の軸候補に。

実績面のポイントは3つ

 京都金杯の連対馬を振り返ると、実績面では以下の3つがポイント。

京都金杯連対馬のポイント(過去10年)

  • 京都芝外回りで1着(20頭中17頭)
  • 芝1600mで1着(20頭中16頭)
  • 重賞3着以内(20頭中15頭)

 特に、京都の外回りでの実績は必須とも言え、例外の3頭中2頭は出走自体が1度だけ、残る1頭は5戦して2着が3回という馬だった。一方、斤量面では前走からの増減に注目。

斤量増減別成績(過去10年)
前走と同斤量〔4.5.2.51〕複勝率17.7%
前走から斤量減〔3.2.5.64〕複勝率13.5%
前走から斤量増〔3.3.3.19〕複勝率32.1%

 馬券対象になった馬の数ではどれも互角だが、前走から斤量増の組が最も好走率が高い。また、57キロ以上のハンデを背負った馬が〔5.6.3.29〕と安定した成績だが、そのうち8番人気以下が〔0.1.0.13〕、7番人気以内だと〔5.5.3.16〕。ハンデが重くても人気には逆らいづらい傾向にある。

データ班の本命は…

 ◎は大外枠でもクルーガー。マイルCSでは7着だったが、勝ち馬から0.3秒差なら胸を張れる。今回は前走からプラス0.5キロ、更に言えば実際にこのコースでGII・マイラーズCを勝っているというのも素直に評価したい。

クルーガー

クルーガーのような前年のマイルCS好走馬は馬券に絡む確率が高い(撮影:日刊ゲンダイ)

 ○は同じくマイルCSで0.3秒差の6着だったブラックムーン。間にリゲルS(58キロを背負って5着)を挟んだのは気になるところだが、大きな差はない。以下、△には前述の実績面のポイントをクリアしたアメリカズカップキョウヘイダノンメジャーレッドアンシェルをマーク。

結論

◎クルーガー
○ブラックムーン
△アメリカズカップ
△キョウヘイ
△ダノンメジャー
△レッドアンシェル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル