京成杯快勝のジェネラーレウーノは皐月賞向き? ダービー向き?

優馬2歳馬&3歳馬チェック
京成杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラシック戦線に勝ち名乗り! ジェネラーレウーノ

1/14(日) 中山11R 京成杯(GIII) 芝2000m
ジェネラーレウーノ 牡 馬体重:496kg(-2)
騎手:田辺 厩舎:(美) 矢野
生産:新生ファーム
馬主:Gリビエール・レーシング
父:スクリーンヒーロー
母:シャンハイロック(ロックオブジブラルタル)
初勝利時の評価:★★★★★ 5点〔1600万クラス〕

逃げて2連勝を収めていたジェネラーレウーノだが、今回は2番手から。逃げ馬が飛ばしていたこともあり折り合いに問題は発生せず、坂下で先頭に立つと後続の追撃を凌ぎ切った。レースの中身は濃く、ホープフルSとそん色ない評価も出来るだろう。同馬はこの後、皐月賞へ直行するとのこと。2着コズミックフォース、3着イェッツトも地力を感じさせるレースぶりで、伸びシロを考えると、上位3頭の今後が楽しみだ。

ジェネラーレウーノ

渋太く粘り込んだジェネラーレウーノが3連勝(撮影:日刊ゲンダイ)(撮影:日刊ゲンダイ)

長所

大外枠から好スタートを決めて2番手を取れたように、好位置で折り合えるレースぶりは多頭数のレースでこそ真価を発揮する。京成杯は決して楽な流れではなく、最後は詰め寄られたが、ラスト2Fは12秒3-12秒2でまとめており、持久力も十分。実際に皐月賞と同舞台の中山2000mで連勝したように、適性はダービーよりも皐月賞の方にある。

短所

スクリーンヒーロー産駒は晩成傾向がやや強く、本馬も古馬になってからという印象もある。特に気性面の成長は必須とも言え、レースに集中できるかどうかが今後の課題。レースぶりからは、急激なギアのオンオフは苦手なタイプで、スローペースになると案外…、というケースも十分に有り得る。そういった意味でも皐月賞向きだろう。

日本ダービー 想定単勝オッズ

(→)1番人気 ダノンプレミアム 3.7倍
(→)2番人気 ワグネリアン 5.2倍
(→)3番人気 オブセッション 6.7倍
(→)4番人気 タイムフライヤー 8.0倍
(→)5番人気 グレイル 12.9倍


(↑)9番人気 ジェネラーレウーノ 22.2倍


(NEW)14番人気 コズミックフォース 33.3倍

京成杯を勝ったジェネラーレウーノが14番人気から9番人気にランクアップ。ダービーより適性の高そうな皐月賞では、これ以上の支持を受けるだろう。2着コズミックフォースも14番人気で初登場。

なお、想定1番人気ダノンプレミアムの次走が弥生賞に決定。クラシック本番前に、ワグネリアン、オブセッション、ジャンダルムとの手合わせが実現しそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2018年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル