中京はダローネガ浜中Jが自信あり気 函館では岩田Jが一言「まあ見てて」

【激論!優馬TM座談会】
今週は、サマーマイルシリーズの中京記念(GIII)。そして、2歳馬にとって世代最初の重賞となる函館2歳ステークス(GIII)が行われる。ともに人気割れが予想される混戦ムードで、TM座談会もいつも以上にヒートアップ。

優馬TM座談会
函館2歳S中京記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実力馬=重ハンデの中京記念 本紙田崎はダローネガに自信の◎

デスク「まずは中京記念から行こうか。マイル戦に生まれ変わってのここ3年が全て大荒れ決着で、今年も難しいメンバーだよな、田崎」

田崎「まあ、荒れることを前提としたかのような予想になってしまいましたが、ダローネガの◎には自信がありますよ。前走で準オープンを勝ち上がっての臨戦となりますが、元々重賞で好走していた馬ですし、2・3走前に接戦した相手が、サトノアラジン、ヴァンセンヌだったことを考えても、復調は明らかだと見ています」

那谷「ヴァンセンヌやサトノアラジンは、秋のマイル路線でも主役級となるレベルの馬なんだし、準オープンで長く足踏みする原因となった腰の状態が良くなっての完全復活。浜中騎手もかなり自信あり気の様子だったぞ」

桜井「自在性のある脚質で、流れに応じた競馬ができるのも魅力ですよね。ハンデの重い実績馬と比べて、実力は遜色がないのに55キロというのも有利な材料です」

レベルの高いメンバーと接戦を演じてきたダローネガ(撮影:日刊ゲンダイ)

レベルの高いメンバーと接戦を演じてきたダローネガ(撮影:日刊ゲンダイ)

デスク「そのハンデの重い実績馬だが、カレンブラックヒルはトップハンデ58.5キロが気になるよな」

加茂「メンバー唯一のGI馬で、重賞5勝という断然の実績をもってすれば、このハンデでも力でねじ伏せてくれるはずやと思うてます。重馬場でも結果を出してますし、むしろ馬場が渋れば渋るほどプラスに働くはずや。今年は小倉に参戦する秋山騎手も、存在をアピールする絶好の舞台ですわ」

瀬古「前走後の状態が良かったので宝塚記念出走の話も出たほどですが、やはり適性を考えてここへ出走を決めたようです。その陣営は59キロも覚悟していたとのことで、GIIIのここで割り引く必要はないでしょうね」

デスク「同じく人気の一角となりそうなレッドアリオンも、57.5キロと、しょわされたな」

中邑「前走の安田記念は、好位のインでモマれて力を出し切れなかったもの。馬場が悪くなってバラけやすい今の中京は合いそうですし、3歳時にこの舞台で圧勝した実績を考えれば、条件がベストの可能性もありますね。ハンデも許容範囲だと思いますよ」

瀬古レッドアリオンは状態面の良さも強調できます。2週続けて坂路で52秒台が出ていますし、特に今週の追い切りは『いつもは最後にフワッとしてやめる馬なのに、今回は違いました』と、手綱を取った甲斐助手も相当手応えがあった様子。外目の枠を引き当てて、レースもしやすそうですよね」

デスク「ただ、カレンブラックヒルレッドアリオンも、本紙田崎はともに目を取らない△と、印を落としているけど…」

田崎カレンブラックヒルは、小回りならまだしも、中京でこのハンデは厳しいと思いますし、コース取りも難しそうですね。レッドアリオンは、4走前の結果からもパンパンの良馬場でこそのタイプと見ているんです。まあ、いわゆる“来たらごめんなさい”の予想なんですが、危険な人気馬に目のある印を回すほどの余裕はないメンバーですからね」

デスク「で、返す刀で57キロトーセンレーヴも嫌ったわけだな」

那谷「ただ、トーセンレーヴは『動きがシャープ。全キャリアを通じても、ここまでデキがいいのは珍しい』と、陣営が絶賛しているんだ。近走は結果が出ていないが、エプソムカップ勝ちがあるように左回りの方がいい馬だと思うし、高速馬場より力の要る馬場がいいタイプなら今の中京が合うはず。◎はダローネガと最後まで迷ったけど、人気面を考えれば、こっちの方が面白いよな」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドバイワールドカップ 2017

ドバイワールドカップ特設サイト

2017年のドバイワールドカップデー諸競走の出走予定馬、オッズ、テレビ中継予定、発走予定時刻、歴代優勝馬一覧と日本馬成績などを紹介する特設サイトです。

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル