フェブラリーSのデータ攻略ポイントは、明らかな枠順傾向と年齢

重賞データ攻略
フェブラリーS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年、中央のダートGI2鞍を制し、最優秀ダート馬に輝いたゴールドドリームが連覇に挑む一戦。チャンピオンズCの雪辱を期すテイエムジンソクや、前走で復活を果たしたノンコノユメらがそれを阻めるか?

4~5歳馬が中心

 長らくダート路線を牽引してきたコパノリッキーが昨年末で引退。交流重賞戦線はまだしも、中央のダートGI2つを4歳馬だったゴールドドリームが制したように、世代交代の波は徐々に押し寄せて来ている。

年齢別成績(過去10年)
4歳〔4.3.1.28〕
5歳〔4.2.4.17〕
6歳〔2.1.3.32〕
7歳〔0.2.2.30〕
8歳〔0.2.0.16〕

 勝率・連対率・複勝率すべてで5歳馬がトップ。これに続くのが4歳馬。7歳以上となると、1着候補としては考えづらくなる。また、牝馬は9頭が出走して7着が最高。流石に手は出せない。

枠は内か外が理想

 勝ち馬に関しては4~6歳まで、というのが前段の結論だが、枠順についても勝ち馬に関しては内枠か外枠が理想と言えそう。

枠順別成績(過去10年)
1~2枠〔4.2.2.32〕
3~4枠〔0.2.2.36〕
5~6枠〔1.2.5.31〕
7~8枠〔5.4.1.30〕

 3~6枠からは勝ち馬が1頭しか出ておらず、ある程度極端な枠の方が勝利には近い。脚質的には逃げ馬が〔1.0.0.9〕、唯一勝ったのが2011年のトランセンド。連対馬の半数は4角3番手以内の位置取りで、4角10番手以降となると〔1.3.3.56〕という成績である。

ステップは様々だが…

 フェブラリーSの前哨戦は東海Sと根岸Sがあるが、川崎記念や東京大賞典などの交流GIもあってステップ自体は多種多様な感がある。

前走レース別成績(過去10年)
川崎記念〔1.3.2.8〕
根岸S〔2.2.2.51〕
東海S〔2.1.1.9〕
東京大賞典〔1.2.3.9〕
チャンピオンズC〔1.1.1.2〕
※2008年1着のヴァーミリアンは川崎記念を出走取消、前走・東京大賞典でカウント

 ただし、前走の距離については距離短縮組が〔8.8.8.57〕で、前走が1600m以下だった組は根岸S組しか馬券に絡んでいない。川崎記念・根岸S・東海SについてはフェブラリーSで馬券に絡んだ全馬が「前走3着以内」だった馬。東京大賞典はこれが前走5着以内となり、チャンピオンズC組は3頭中2頭が前走10着以下からの巻き返しだった。基本的には前哨戦での好走は必須と言える。

 前年のチャンピオンズCに出走していた馬はこのフェブラリーSで〔2.2.2.17〕、両方で3着以内に入ったのは2016年2着のノンコノユメだけ。今回が東京初出走となるテイエムジンソクは確かに不安だが、既にフェブラリーS→チャンピオンズCで結果を出しているゴールドドリームにとっては、杞憂に終わるかもしれないが。

この条件で買える騎手、種牡馬

 今年は出走可能な賞金のボーダーが厳しく、昨年3着のカフジテイクも除外対象に。それだけに実績面云々を語るよりも東京ダート1600mに焦点を絞って考えてみたい。

騎手別成績(2015年以降の東京ダート1600m)
戸崎圭〔34.26.18.116〕→サンライズノヴァ
ルメール〔34.17.12.56〕→ベストウォーリア
内田博〔24.25.27.175〕→ノンコノユメ
田辺〔21.14.23.138〕→メイショウスミトモ
大野〔20.23.17.155〕

種牡馬別成績(2015年以降の東京ダート1600m)
ゴールドアリュール〔27.16.8.173〕→ゴールドドリームサンライズノヴァメイショスミトモララベル
ゼンノロブロイ〔19.12.13.110〕
キングカメハメハ〔17.16.21.149〕→レッツゴードンキ
クロフネ〔15.8.12.127〕→テイエムジンソク
ネオユニヴァース〔11.9.7.96〕

 前述したステップでの着順も踏まえて考えると、◎は戸崎圭J騎乗のゴールドアリュール産駒、サンライズノヴァ。○には同じくゴールドアリュール産駒のゴールドドリームを。◎サンライズノヴァは8枠16番の4歳馬、○ゴールドドリームは7枠14番の5歳馬と、冒頭で述べたデータとも合致。

サンライズノヴァ

戸崎圭J騎乗のサンライズノヴァに白羽の矢(撮影:日刊ゲンダイ)

 相手候補の筆頭にはノンコノユメを押さえたい。内田博Jという点だけでなく、加藤征厩舎はこの条件で2015年以降、〔19.12.10.45〕でトップの成績。複勝率は47.7%にもなる。あとはクロフネ産駒のテイエムジンソク、川崎記念1、3着で内枠を引いたケイティブレイブアウォーディーもマーク。

結論

◎サンライズノヴァ
○ゴールドドリーム
▲ノンコノユメ
△テイエムジンソク
△ケイティブレイブ
△アウォーディー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル