世代交代狙うモズアスコット 王者レッドファルクスとの差は?

優馬TM座談会
阪急杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

王者レッドファルクスに、モズアスコットが挑戦状

デスク「少数精鋭の中山に比べて、こっちはフルゲート。とはいえ、それほど派手に印が散っているわけでもないな。本紙中邑もスプリント王者レッドファルクスの相手探しと見たようだが」

中邑「前走のマイルCSは、水分を含んだ馬場で、直線の内目に進路を選んだ分だけ伸び負けたと言えますが、それでも微妙に長いマイルから重賞勝ちのある1400mに替わるのはプラスでしょう。GI2勝の実績も、今日のメンバーでは段トツですし、ここは◎を譲れませんね」

坂倉レッドファルクスの前走は、けっして距離が敗因とは言えませんが、やはりマイルのGIでは全てが噛み合わないと勝つまでは難しいんでしょうね。今回は“もちろん先を見据えた仕上げになるので、ギッチリとやっているわけではないが、それでも休み明けとしてはいい仕上り”と、尾関師も話していますし、元々が久々を苦にしない馬です。58キロで前も止まりにくい開幕週の馬場というのは楽な条件ではないですが、GI馬の貫禄を示す走りが期待できるのではないでしょうか」

「例によって、ではありますが、関西馬にこれならと思わせる気配の馬はなく、なければいつも通り関東馬に◎。レッドファルクスに持って行かれそうですね」

桜井「連勝の勢いこそ止まってしまったモズアスコットですが、その前走は4着と敗れても力は示したと言える内容だったと思います。まだまだ伸びしろもある馬ですし、短距離界でも世代交代となるシーンが十分に考えられますよ」

須藤モズアスコットの前走は、外々を回る強引な形の競馬で、GI級のメンバーを相手に重賞初挑戦で4着なら、上等と言えますよね。調教で見せる迫力は前走以上ですし、2ヶ月ぶりでも文句のない仕上りです。ここを勝って、マイル路線の主役候補へ名乗りを上げるのではないでしょうか」

吉田「ゴール前で自慢の末脚が鈍ってしまった前走は、レコード決着で外を回った分と、僕も見てますわ。今回、外枠を引いてしまったのはマイナスですが、連勝中には外枠にも対応して結果を出してますし、あとはルメール騎手が何とかしれくれるはずでっしゃろ」

細川「陣営も、前走については“次につながる競馬はできた”という見方です。あとは当日の落ち着きですね。多少のイレ込みは仕方ない馬ですが、リズム良く返し馬ができさえすれば、期待が持てるでしょう」

モズアスコット

連勝が途絶えたモズアスコットだが仕上りは文句ナシ(撮影:日刊ゲンダイ)

加茂カラクレナイは、昨年秋の2戦が距離と馬場が敗因やったもので、対して年明けからの2戦はそれなりに頑張っていたし、何より今回はGII勝ちを含む2戦2勝とベストの阪神1400mや。レッドもモズも久々なのに対し、こっちは使っている強みもあるで」

細川「昨年は世代のGIレースを目標にしていたこともあって、マイルを中心に使われていましたが、やはり元々の適性を考えれば1400mまでの馬でしょうね。課題の折り合いさえ付けば、牡馬相手の重賞でも通用する力があることは確かですし、ここは期待が持てると思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

出走予定馬をご紹介。次走予定・想定オッズ入り!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

優馬@ソーシャル