距離延長にも不安なし ステルヴィオが胸を張って本番へ

佐藤直文 レース回顧
スプリングS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「待ってろダノンプレミアム」 ステルヴィオ

 コスモイグナーツの離し逃げで、前半1000mは59秒6という予想以上に速めのラップだったが、それ以外の馬にとっては平均かやや遅めのペースだった。早目に動く形ならともかくとしても、後方待機組にとっては厳しい流れだった。

 ステルヴィオは、中団馬群の外目で流れに乗る、今までとは違う形の競馬。明らかに本番を意識した乗られ方だったが、勝負どころからの追い上げもスムーズで、持ち前の末脚を生かし切った。ロードカナロア産駒であってもやはりマイラータイプではなく、もう1ハロンの距離延長に何の不安もないだろう。自在性も示すことができたという意味でも満点の内容で、胸を張って本番に臨めるはずだ。

ステルヴィオ

鋭い末脚で2着馬を捉えたステルヴィオ(緑帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着エポカドーロは、実質ハナを切っているのと同じ2番手で運び、直線で一旦は完全に抜け出したもの。最後にハナ差だけ差されたものの、完璧なレース運びで3着以下に3馬身半もの水を開けたのだから、性能の高さを示したと言える。もっとタフな馬場になれば、本番でもこの先行力は脅威となるかもしれない。

 3着マイネルファンロンは、好位で流れに乗る形で、直線では2着馬に突き放されたが、馬群に沈みかけたところから渋太く脚を使って盛り返したもの。上位2頭との力の差は歴然としていたが、相手なりに走る堅実さは今後も武器となるはずだ。

 4着バールドバイは、中団の内目をロスなく追走して、うまく立ち回ったが、今日の相手ではここまでだった。ただ、自己条件を勝つにはそう時間は要さないであろう。

 5着レノヴァールは、4コーナー後方グループから3着争いに加わったように、末脚には見どころがあった。もう少し流れに乗れていれば、3着はあっただろう。

 ゴーフォザサミットは、スタートこそ決まったがポジションを取れずに後方から。勝負どころからは長く脚を使っていたが、もう少し器用さが欲しいところだ。ルーカスは、道中ではハミを取ってスムーズに走れていたが、まだまだ気性面での成長が足りなかったか。調教ではその不安も一掃したかと思わせたが、実戦では違うということだろう。いずれにせよ、本格化は兄モーリス同様、古馬になってからかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル