【スプリングS】皐月賞で「誰が乗るか」は鍵だが… 真打ちシックスペンスは“センスの塊”

佐藤直文 レース回顧
スプリングS

先週「65万」&「41万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

無傷で手にした本番への切符 真打ちシックスペンスが圧巻V

 1000m通過63秒1の数字は、前日のフラワーCよりも3秒以上も遅い超の付くスローペース。早々と隊列が決まった上位5番手までの馬が、そのまま掲示板を占める決着も納得の流れだったが、ただ一頭、勝ち馬だけは流れを味方に付けたという次元の話ではない強さであった。

 そのシックスペンス。パドックや返し馬で見せた雰囲気からも、暮れのひいらぎ賞とは雲泥の差と言える状態で、スローペースでも好位でピタリと折り合って運べたように“センスの塊”を十分にアピールする走りだった。本番の皐月賞では誰が乗るかという点も鍵とはなるが、操作性の高さを考えれば、誰が乗っても注目すべき存在となるだろう。

シックスペンス

好位から抜け出したシックスペンスが最後は後続に3馬身半の差をつけてV

 2着アレグロブリランテは、今日のペースで逃げることができたのが全てだったとはいえ、気分良く運ぶことができればそう簡単には崩れない馬。本番では時計のかかる馬場になっての伏兵候補か。

 3着ルカランフィーストは、スタートを決めたことで色々なパターンの競馬ができることを示したが、今日のような馬場での瞬発力勝負ではここまでだったか。

 4着は同着、まずチャンネルトンネルは、力みながらの好位追走だった分、弾けなかったが、やはりベストはマイルの馬だろう。

 コスモブッドレアは、今日のペースで2番手ということ自体は悪くはなかったが、結果瞬発力勝負となっては分が悪い。後続にも脚を使わせる積極策が理想だったろう。

 ウォーターリヒトは、昨秋のデビューから使われ続けての7戦目。展開云々以前に自身の上積みが乏しかった印象。ジュンゴールドも、最後方からでは競馬に参加できなくて当然だったが、そのままシンガリでの入線。こんな馬ではないはずだが、気性面の問題をクリアできないと厳しいだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

先週「65万」&「41万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

先週「65万」&「41万」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。