スタッフの印バラバラ 混戦ムードの函館スプリントを激論!

優馬TM座談会
函館スプリントS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初重賞制覇を狙う馬に昨年の再現を狙う馬 いずれにしろ混戦ムードで

デスク「ここは人気もかなり割れそうで、スタッフの印も大きく散っているな。そもそも、最近5年で1番人気が全く馬券に絡んでいないように、人気がアテにならない重賞なんだけど」

落合「最近のスプリント路線で安定した実績を残している馬はほとんどいないと思うけど、ナックビーナスだけは、芝に限れば昨年の夏から丸一年、掲示板を外していないんだよ。自在の脚質ならではの安定ぶりと言えるけど、前走の高松宮記念でも僅差の3着は大いに評価できるし、より安定味のある右回りでのGIIIなら、重賞初制覇も濃厚と見るぞ」

板子「美浦で調整をしていた段階では妙に馬が大人しく、陣営も半信半疑だったようですが、函館で追い切ってから“本来のうるさい面が戻ってきた”とのことでした。高松宮記念は、枠順も良かったですが、能力の高さを証明する内容でしたし、何より自在性があって全く注文が付かないのが強味です。初の函館コースについても、“洋芝の札幌に実績があるし、函館の芝で追い切ったこともあるから、特に心配はしていない”と、陣営も不安はない様子でしたよ」

小桧山「と、板子は言っていても、俺は、やっぱりナックビーナスがやけに落ち着いて見えるんだよな。普段はもっとうるさい馬だから、そのあたりが悪い方に出なければいいんだが」

ナックビーナス

函館コースは初めてとなるナックビーナス(手前)(撮影:日刊ゲンダイ、1週前美浦での追い切りより)

デスク「そういうコビちゃんの◎も、重賞は未勝利のワンスインナムーンなんだな」

小桧山「これまた昨秋のスプリンターズSではアワヤの3着だったけど、同じGI3着でも今年の高松宮記念より内容は上と見るべきだよな。その後の香港では大幅な馬体減でもスピードは見せたし、前走は逃げたとはいえペースを落とし過ぎ。函館は初めてとなるけど、直線が短くてカーブもキツいコース形態はこの馬向きだろうし、何より精神的に滞在で臨める利点が大きいと思うぞ」

山崎「スタートが抜群に速いという点でも、開幕週の馬場はワンスインナムーン向きと言えるでしょうね。同型も揃うとはいえ、陣営も“ハナへ行かなくても、2~3番手でリズム良く運べれば強い競馬をする”と言っていますし、アドマイヤムーン産駒なら洋芝も問題ないはずです。実際、芝コースでの最終追い切りも軽快なフットワークで反応も上々でしたからね。“気のいいタイプで本数は少なくても仕上るタイプ。いい動きだったと(追い切りに騎乗した)柴山雄騎手も褒めてくれた”と、デキに関しても陣営は満足そうでした」

広田「2走前のオーシャンSで、ナックビーナスを封じて重賞初制覇を遂げたキングハートですが、昨年のこのレースでも2着とコース実績も証明済みな点は心強いですね。やや外目の枠を引いて、距離ロスも否めないとはいえ、ここは地力でカバーできるんじゃないかと思います」

清野「同じ洋芝でも札幌とは微妙に違う函館の特殊な馬場と考えれば、私もキングハートの昨年2着は信頼できる実績だと思います。その昨年の勝ち馬も出走していますが、当時6キロあった斤量差が今回は2キロに。そもそも、近年で上位を賑わせている軽量3歳勢が今年は不在なら、この馬の出番かと」

小桧山「順調に使われていた昨年とは違い、今年のキングハートは高松宮記念以来の久々となる点が鍵だけど、うまく仕上ったようだな」

山崎「ですね。美浦でかなり負荷をかけた調教を積んできたので、現地での最終追いこそ軽目でしたが、担当者に聞いても、追い切りを付けた長岡騎手に聞いても“いい状態”と口を揃えてましたよ」

デスク「で、問題の昨年の勝ち馬、ジューヌエコールは、本紙中田が◎。それ以降の4戦が全て二桁着順なら、ちょっと手を出しづらいと思うんだが」

中田ジューヌエコールの不振の原因は、輸送競馬による馬体とテンションの維持ができなかったもの。滞在競馬なら話は別ですし、斤量が増えても、レコードで完勝しての2馬身半差は、そう簡単に詰まるものではないと考えます」

目黒ジューヌエコールは栗東の坂路でしっかり乗り込まれ、6日に函館へ移動してきましたが“ここを目標に調整して、いい仕上りで臨めそうです。最近の成績がもう一つですけど、洋芝は合っているし、昨年勝っているレースですからね”と担当の石井助手は話していました。ただ、やはり昨年は50キロの斤量も味方した感が否めませんし“滞在で何とかきっかけをつかみたいですね”という程度の陣営の雰囲気からも、昨年の再現ができるかは微妙と言わざるを得ない気がします」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル