伏兵を推す声もアリ フルゲート混戦のCBC賞をTM陣が激論

優馬TM座談会
CBC賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スプリント路線に新しい風 ここでアノ馬が重賞初制覇?

デスク「サマースプリントシリーズは、第1戦の函館スプリントSがGI馬セイウンコウセイの復活劇となったけど、ここはフレッシュなメンバーに期待が持てそうだな」

田崎「中でもダイメイフジですね。不利に泣いた2走前を除けば、近走はとにかく堅実ですし、ここ2戦の1400mより、本質的には1200m向きの馬だと思います。開幕週の良馬場なら、キレ味が削がれることもないでしょうし、ここは重賞初制覇のチャンスと見ます」

市場「何と言っても、ダイメイフジの前走は、連闘で安田記念を制したモズアスコットを押さえ切った優秀な内容。こちらは内でうまく脚を溜めたのに対し、相手が大きく出遅れて外を回ったことを考えれば、GI馬を上回る能力、とまでは言い切れませんが、それでも価値はあります。実際に、重賞でも力が通用することは、3走前のオーシャンSで証明済みですし、連勝の期待をかけてもいいでしょう」

細川「この馬については“長くいい脚を使えるタイプだが、特にラスト1ハロンの伸び方が非凡”というのが陣営の評価で、それだけに“直線の長い中京コースで特性を存分に生かせそう”と、期待している様子でしたね」

ダイメイフジ

ダイメイプリンセス(右)と坂路で併せたダイメイフジ(左)(撮影:日刊ゲンダイ)

中邑「僕は同じ重賞初制覇の期待をペイシャフェリシタにかけます。3走前は位置取りが一息で脚を余し、2走前は距離が敗因。4走前の中京と前走の勝ちタイムは、同じ舞台のGIと比較しても優秀なものですし、弱いところがなくなって充実してきた今なら、重賞に手が届くと見ています」

吉田「中でも、ペイシャフェリシタが一番強かったのは4走前の中京や思います。上がり3ハロンが11秒5-11秒4-11秒3というかなりの決め手が求められるラップだったにもかかわらず、直線で一気に先団を交わし去った内容は、見た目にもインパクトがありましたが、数字的にも相当なレベルです。今回は当時よりも斤量が2キロ増えますが、同じ開幕週で時計の出やすい馬場なら、再現が期待できるはずです」

西田「陣営も“中京はこの馬の持ち味をフルに生かせるベストの舞台”と自信タップリでした。この中間はリフレッシュ放牧を挟みましたが“仕上りが早いタイプで、1ヶ月前の入厩でも帰すのが早過ぎたくらい”と言わせるほど、万全に近い状態です。実際に、調教の動きや反応も文句なしで、ここは勝ちに来たレースだと思いますよ」

須藤「フレッシュなメンバーと言えば、やはり3歳馬。僕はアサクサゲンキに期待します。前走は致命的な出遅れをした上に、展開も向かなかったもの。スプリンターとしての資質はなかなかのもので、スタートさえまともに出れば、古馬との初対戦でも楽しみの方が大きいですね」

桜井「前走の出遅れは、他馬の枠入りが悪くてゲート内で長時間待たされたことが原因だと思いますし、ゲート自体に難のある馬ではないですからね。不本意な展開でもコンマ2秒差まで差を詰めたあたりが能力の証だと思うので、ここでも十分、勝負になりますよ」

瀬古アサクサゲンキは、名前の通り普段から元気があり余っている馬ですが、前走はゲート内で両隣の牝馬が気になって出遅れた感も受けましたね。他馬より重い斤量を背負って、逃げた馬が勝つ流れをあそこまで追い上げたんですから、力は再認識できましたよね。“前走は放牧明けでなかなか調子も上がってきませんでしたが、今週の追い切りはよく動きましたね”と、調教パートナーの生野助手もいい表情を見せてましたよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル