復権のダービー馬 この上なくいい競馬でレイデオロ

佐藤直文 レース回顧
オールカマー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

折り合いキッチリで鋭い伸び レイデオロ

 大方の予想通りにハナを切ったマイネルミラノが、2番手以下に水を開けて前半1000m60秒5のラップを刻んだが、急速に回復していた馬場を考えればスローな流れだった。そして、勝負どころで後続との差を広げるこの馬の往年の逃げでもなかったために、4コーナーでは馬群が一気に凝縮し、最後は瞬発力勝負に。上位の着順や着差は、現状での力通りの決着となったように思う。

 レイデオロは、ダービーでの神騎乗があったとはいえ、やはり折り合い面に不安の残る馬であり、そういう課題を持って臨んだルメール騎手が馬群の中で脚を溜める折り合い重視の競馬を選択したのも当然だったろう。勝つこと以上に、キッチリと折り合えることがテーマだったとすら思えたが、それをクリアした上で、最後に坂を上がってから鋭く伸びてしっかりと結果を出したのだから、この上なくいい競馬ができたと言える。このあとは天皇賞、そして昨年2着のジャパンCが目標となるはずだが、最高の形で秋のスタートを切れたことで、主役の座も揺るぎないものとなるだろう。

レイデオロ

先に抜け出したアルアイン(白帽)を内から差し切ったレイデオロ(緑帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着アルアインは、絶好と言える2番手のポジションから、直線でも一旦は完全に抜け出す形だったが、ロスなく乗られた勝ち馬に内をつかれたとあっては、仕方のない2着。坂路のみの仕上げで調整過程を不安視する向きもあったが、返し馬のフットワークも柔らかく、いいデキだった。今日のところは目標になった分と、キレ味の差とも言えるだけに、次につながる好内容だったと思う。

 3着ダンビュライトは、出負けもあって脚を溜める競馬となったが、道中は勝ち馬の一列前で運びながら、勝負どころでゴチャついて4コーナーでは勝ち馬の後ろに。明らかにアクセルを踏み遅れてしまった形で、それでも最後に3着に浮上したことを考えれば、これまた次にはつながる競馬だっただろう。

 4着エアアンセムは、勝負どころから外を回って進出し、直線を向いたあたりでも前を一気に捕まえるかの手応えで、この馬なりに完璧な競馬ができていたが、最後に止まったあたりは距離だろう。2000mまでの馬と判断していい。

 5着ショウナンバッハは、自分の競馬に徹して、直線でも坂を上がってから目立つ伸びを見せたが、今日のメンバーならもっと展開の助けがないと厳しかったか。

 ガンコは、勝負どころから押し上げて、4コーナーでは2着馬の外へ馬体を併せるところまで行ったが、直線で伸びを欠いたもの。本質的に叩き良化型である上に、理想はもう少し時計のかかる馬場であろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル