安定した取り口で「とにかく強い」 先々も楽しみなオメガパフューム

佐藤直文 レース回顧
シリウスS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もまた新星誕生の舞台 オメガパフューム

 ハンデ戦ということもあってか、実績上位馬よりも力を付けてきた上り馬の台頭が目覚ましい傾向。脚抜きの良い不良ダートで、前半1000mは6秒4という淀みのない流れの中で、今年も傾向通りの結果となった。

 オメガパフュームは、道中こそ中団の後方という位置取りだったが、3コーナーを過ぎてから馬群の外目を手応え良く進出し、直線を向いたところでは射程圏に。抜け出してゴール前こそ2着馬の強襲に遭ったものの、とにかく強いの一言であった。差し馬ながら、今日のように自分で動くことのできる安定した取り口も3歳馬離れしており、この重賞初制覇をきっかけにかなりのところまで行ける器だろう。

オメガパフューム

重賞初制覇を果たした3歳馬オメガパフューム(黒帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ウェスタールンドは、道中はスピードに付いて行けず離れたシンガリを追走していたことを思えば、直線で巧くインを突いたとはいえ、勝ち馬にクビ差まで迫ったのはビックリさせられた。息の長い活躍ができるセン馬なら、6歳とはいえこれから大化けする可能性も十分ある。

 3着サンライズソアは、平均以上の速いペースで積極策から勝ちに行ってのものだけに、ハンデを背負っていたことを考えても力を示す内容だった。戦法の選択肢も多い馬だが、やはり前に行く形が一番いいだろう。

 4着ヒラボクラターシュは、好位から崩れなかったとはいえ、3着から5馬身差。ここへ入るとまだ力の差がある。

 5着コスモカナディアンも、前とは離されたものの、復調の兆しは見せた内容で、使われながら良くなっていきそうだ。

 グレイトパールは、追い切りでは元よりそれほど動く馬ではなく、太目残りだった前走からマイナス20キロの馬体からも好仕上りに見えたのだが、ここまで見せ場なく敗れるとは、ちょっと原因がわからない。いずれにしろ、こんな馬ではないはずだが、状態に問題があったのだとすれば、立て直しには時間がかかるかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル