2歳女王のみならずその先へ シェーングランツがレースレコードV

佐藤直文 レース回顧
アルテミスS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4000勝ジョッキーさすがの感性 シェーングランツ

 近年の連対馬を見ても、ここから阪神ジュヴェナイルF、そしてその先のクラシックへと繋がる重要な一戦だ。前半3ハロン33秒9という適度な流れもあったとはいえ、1分33秒7の勝ちタイムは過去6回を上回るレースレコードであり、今日の好走組は今後がかなり楽しみになったと言えるだろう。

 シェーングランツは、スタートが一息で促されても行きっぷりが一息。その時点で、鞍上も腹を括ったかのような後方待機で脚を溜め、直線を向いて追い出されてもエンジンのかかりこそ遅かったが、残り1ハロンからはグングン加速して前を捉えた形だ。流れが向いたことは確かだが、自然体の騎乗で馬の能力を引き出したあたりは、さすが4000勝ジョッキーの感性。まだ課題は残すとはいえ、女王候補となるのは間違いない。

シェーングランツ

ソウルスターリングの半妹シェーングランツが勝利(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ビーチサンバは、中団から残り1ハロンの地点では完全に抜け出す勝ちパターンだったが、今日のところは勝ち馬を褒めるべきで、負けて強しの内容だった。キャリア2戦目でこういう競馬ができたあたりにも相当なセンスを感じさせたが、距離はマイルまでのタイプだろう。

 3着エールヴォアは、道中でも直線でも馬群の中でかなり窮屈な競馬を強いられていたが、それでいてこの着順は能力を示すものだろう。もう少しノビノビと走らせることができていれば、と言えるが、距離はもっと延びていい馬だ。

 4着ウインゼノビアは、速めの流れを深追いせずに、前を見ながらいいポジションで運べていたが、現状での決め手の差が出た形。これまた距離はマイルまでのタイプかもしれない。

 5着トスアップは、好位のインをロスなく立ち回って直線でも脚を使ったが、もっとじっくり脚を溜めて運んだ方がいいタイプだろう。

 ミディオーサは、中団で流れに乗って直線ではインを狙ったが、少し窮屈になるシーンもあって思いのほか伸びなかったもの。行くなら行く、控えるなら控えるで、極端な競馬をした方がいいのかもしれない。グレイシアは、先行勢には厳しい流れとなったことが全てだが、パドックでは落ち着いていたものの馬場へ出てきてからはチャカチャカしてイレ込みが目立っていた。そのあたりの影響もあったと思われる。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル