素質馬揃いファンタジーS 好走データ「ピッタリ」はダノンかレーヴドか

重賞データ攻略
ファンタジーS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 牡馬相手の朝日杯FS参戦を表明した大器グランアレグリアと新馬戦で対決し、2着に好走したダノンファンタジーが重賞タイトル奪取へ。その他にも新馬快勝の素質馬が揃い好勝負は必至!?

上位人気は不振?

 2008年には13番人気、2014年には14番人気が勝利するなど、波乱の傾向が強いこのレース。過去10年の馬連平均配当は9932円、半数の5年で馬連万馬券が発生している。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔1.1.3.5〕
2番人気〔1.0.1.8〕
3番人気〔0.1.3.6〕
4~5番人気〔4.4.1.11〕
6~10番人気〔2.3.1.44〕
11番人気〔2.1.1.43〕

 1番人気は2連対、2~3番人気が1連対ずつ。その次の4~5番人気が健闘しているが、伏兵台頭の余地は大きい。ただし、今年は頭数も少なく、平穏な決着になっても驚けない。加えて1番人気は近4年連続で馬券圏内を確保しており、バランスよく考えたいところ。

キャリアは2~3戦が理想

 ここ2年こそ新馬勝ち直後の馬が勝利しているが、それ以前の8年間で見れば前走・新馬戦組は〔0.1.0.17〕でしかない。キャリアの戦数別の成績で見ると以下の通り。

キャリア戦数別成績(過去10年)
1戦〔2.1.0.21〕
2戦〔3.3.5.37〕
3戦〔3.4.3.32〕
4戦〔1.1.2.16〕
5戦以上〔1.1.0.11〕

 中心となるのはキャリア2~3戦の馬達。パターンとしては未勝利戦を勝ち上がってきた馬か、前走で500万やOP・重賞を走っていた馬となるが、その内訳は次の通り。

前走レース別成績(過去10年)
新馬〔2.1.0.21〕
未勝利〔2.2.5.17〕
500万〔0.2.1.36〕
OP特別〔1.1.2.24〕
重賞〔5.4.2.17〕

 1着候補なら重賞組、相手候補に未勝利組やOP特別組という配置が無難ではあるが、重賞組は前走2着以内が〔2.1.2.7〕、前走6着以下が〔3.2.0.5〕という成績。2014年のクールホタルビを除けば、前走6着以下から巻き返したのはすべてデイリー杯2歳S組。現在は日程が前後に入れ替わっており、狙うなら前走好走馬となるが、今年は該当馬が不在である。

焦点は素質か実績か

 前走・重賞組と同様に、前走・500万組や前走・OP特別組も純粋に前走の着順が結果とリンクしており、ともに「前走2着以内」が条件で、例外は1頭だけ。候補としては前走・ききょうSで3着のジュランビルとなるが、昨年の勝ち馬ベルーガと同じく芝1200mで勝利経験のあるキンシャサノキセキ産駒、という加点材料で押さえておきたい。

 ◎にはキャリア2戦、前走の未勝利戦を勝ったダノンファンタジーを推す。連対した前走・未勝利組の共通点は前走が1400m以上、3番人気以内、0.1秒差以上の着差で勝利していること。同馬はこれにぴったり当てはまる。また、中内田厩舎も今年の2歳戦で〔5.5.3.4〕、複勝率は76.5%とかなりのハイアベレージ。軸はこれで間違いない。

ダノンファンタジー

データ班はダノンファンタジーのほうに◎(撮影:日刊ゲンダイ)

 前走・新馬組は3頭が馬券に絡んでいるが、共通点は前走2番人気以内、前走の上がり3Fが2位以内で差し・追い込みで勝利していること。距離はまちまちだが、京都の外回りコースとあって、決め手が重要。レッドベレーザレーヴドカナロアが候補に挙がるが、上位に据えるなら前述の中内田厩舎と同様、今年の2歳戦で〔6.6.0.11〕と高い好走率を誇る斉藤崇厩舎のレーヴドカナロア

結論

◎ダノンファンタジー
○レーヴドカナロア
△レッドベレーザ
△ジュランビル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル