重賞データ攻略特別編 JBC3競走をまとめて大予想!

重賞データ攻略
JBCクラシックJBCスプリントJBCレディスクラシック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JBCスプリント

 直線に坂のない京都コースで行われるスプリント決戦。最上級のスピード勝負が予想される一戦だ。

前走レース別成績(過去5年)
東京盃 4勝・2着2回・3着3回
マイルCS南部杯 1勝・2着2回・3着2回
スプリンターズS 0勝・2着1回・3着0回

 スプリンターズS組が2着に1頭いるものの、基本的には東京盃組が中心。5、6、8着からの巻き返しも発生しており、単純に前走着順通りの決着とはいかない模様。一方のマイルCS南部杯組は馬券に絡んだ5頭全てが前走3着以内。距離短縮となるだけに、実績&勢いは必要か。

京都ダート1200m 騎手別成績(2016年以降の過去3年間)
岩田康〔8.3.5.38〕→レッツゴードンキ
M.デムーロ〔8.2.4.13〕
武豊〔7.9.8.22〕→マテラスカイ

 ◎はマテラスカイ。過去5年の勝ち馬は「近5走以内に重賞勝ち」の実績があり、同馬は2走前にプロキオンSをレコードタイムで圧勝。前走の東京盃は4着だが、一叩きした今回は上昇必至。鞍上の武豊Jもこの条件で複勝率52.2%の好成績を収めている。

マテラスカイ

鞍上にも心強いデータがあるマテラスカイ(手前)(撮影:日刊ゲンダイ)

 相手候補には同じく東京盃1~3着のキタサンミカヅキネログレイスフルリープの3頭に加えて同6着のテーオーヘリオスも押さえたい。3走前にこの条件でマークした勝ち時計は、今年の京都ダート1200mで2位タイ(良馬場に限る)の優秀なもの。最後に、スプリンターズS組で、岩田康J騎乗のレッツゴードンキも要注意。ダートでは一昨年のJBCレディスクラシック2着、今年のフェブラリーSで5着と適性を証明済みだ。

結論

◎マテラスカイ
△キタサンミカヅキ
△ネロ
△グレイスフルリープ
△テーオーヘリオス
△レッツゴードンキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル