大盛況だった砂の祭典 JBC3競走を佐藤直文がまとめて回顧

佐藤直文 レース回顧
JBCクラシックJBCスプリントJBCレディスクラシック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

進化の走りでケイティブレイブ JBCクラシック

 好メンバーが揃ったとはいえ、先の南部杯での1・2着馬、ルヴァンスレーヴとゴールドドリームが不在の組み合わせ。現状でのこの路線のトップホースと言えるその2頭と、接戦を演じた馬のワンツー決着は、至極順当な決着だったと言えよう。

 ケイティブレイブは、先行激化が予想された中でテンから控える形での中団待機。淀みのない流れでも自分のペースで追走し、勝負どころから抜群の手応えで進出すると、直線ではキッチリと前を捉え、後続の追撃も凌いでみせた。先行して渋太く粘り込む今までのレースぶりとは一転しての横綱相撲であり、チャンピオンズCで待ち受けるトップホース2騎との戦いも楽しみとなる走りであった。

ケイティブレイブ

完ぺきな内容で勝利を収めたケイティブレイブ(青帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着オメガパフュームは、自分の競馬に徹して中団の後ろ目を追走し、勝負どころでは勝ち馬の動きに合わせて進出を開始したが、そこでの反応が一息だった分、届かなかった形。ただ、定量戦でも歴戦の古馬相手に通用する力を改めてアピールしたとともに、3歳馬のレベルの高さもまた示したと言える。

 3着サンライズソアは、序盤こそ単騎逃げの形だったが、途中からテイエムジンソクに来られて息が入る場面がなかった。直線で、それらを振り切って、持ち前の渋太さは見せたが、最後に抵抗できなかったあたりは、絡まれた分だったろう。

 4着ノンコノユメは、自分の競馬に徹して、直線でも残り1ハロンからは際立つ伸びを見せたが、ここまでだった。あともう少し前が速くなってくれれば、といったところだが、課題の右回りにメドを立てたという点では今後に繋がるだろう。

 5着サウンドトゥルーも、自分の競馬に徹して差を詰めたが、直線では内から馬群を捌いて伸びたものであり、これまた先には繋がる内容だった。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル