世代間の争いエリザベス女王杯 データ班が買うのは「3頭だけ」

重賞データ攻略
エリザベス女王杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三冠牝馬アーモンドアイがジャパンカップへ向かったことで、「鬼の居ぬ間に」ではないが、タイトル奪取に燃える女の戦いはヒートアップ! 女王の座につくのは一体どの馬か?

3歳馬VS4歳馬

 連覇を目指すモズカッチャンに悲願のGI制覇を目論むリスグラシュー。3歳勢からはルメール騎乗のノームコア、秋華賞3着のカンタービレが参戦し、世代間の争いという意味でも興味深い一戦となりそう。

年齢別成績(過去10年)
3歳〔4.4.3.37〕
4歳〔4.3.6.42〕
5歳〔2.2.1.47〕
6歳以上〔0.1.0.18〕

 基本的に6歳以上となると厳しいのが実情。また、近年は馬券圏内をほぼ3~4歳馬が占めており、近5年で3~4歳以外に馬券に絡んだのは昨年3着のミッキークイーンだけ。今年も3~4歳馬を中心に馬券を組み立てていくべきだろう。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔1.4.2.3〕
2番人気〔1.2.2.5〕
3番人気〔2.0.1.7〕
4~5番人気〔3.0.4.13〕
6~10番人気〔2.2.1.45〕
11番人気以下〔1.2.0.71〕

 馬連の平均配当は13431円。11~12番人気のクイーンスプマンテとテイエムプリキュアで決着した2009年の馬連10万超えが平均を押し上げており、その2009年を除けば平均は3586円に落ち着く。ここ2年は13710円、8030円と波乱だったが、過去10年のうち6年は馬連2000円未満の決着。

脚質別成績(過去10年)
逃げ〔1.0.0.9〕
先行〔2.7.1.28〕
差し〔7.3.7.58〕
追込〔0.0.1.46〕
捲り〔0.0.1.2〕

 上の数字をそのまま当てはめるなら、差し→先行→差しというパターンで馬券を組み立てるのもアリか。当レースで上がり3F1位をマークした馬が〔4.0.5.5〕、2位が〔2.2.1.5〕となっているが、前走で上がり3F1位だった馬は〔1.0.2.23〕と一息。判断の難しいポイントだ。

 血統面で目立つのはディープインパクト産駒の〔2.2.4.16〕、キングカメハメハ産駒の〔0.0.4.8〕という成績。前者の産駒はカンタービレスマートレイアー、後者の産駒は不在である。

秋華賞上位馬が堅軸?

 次に見て行きたいのが臨戦過程。前哨戦として府中牝馬Sが設定されているが、古馬勢は牡馬との対戦を経てここへ向かってくる馬も目立つ。

前走レース別成績(過去10年)
秋華賞〔3.3.3.26〕
府中牝馬S〔2.2.3.38〕※GII昇格後
府中牝馬S〔0.1.1.18〕※GIII時代
オールカマー〔2.1.0.3〕
京都大賞典〔1.2.0.10〕
1000万〔0.1.1.6〕
1600万・OP特別〔0.0.0.27〕
GIII〔0.1.1.25〕
GII〔5.5.3.51〕
GI〔3.3.5.29〕

 馬券に絡んだ30頭中26頭までが前走でGIかGIIを走っていた(海外含む)。前走・1000万から2頭が馬券に絡んでいるが、この2頭はともにGI初挑戦ながら、5~6番人気に推されていた。

 最も成績が良いのは秋華賞組。前走3着以内〔2.3.2.9〕、前走3番人気以内〔1.3.3.9〕、このどちらも満たしていれば〔1.3.2.4〕と好走率は高い。秋華賞3番人気3着のカンタービレを軸として推したい。鞍上のC.デムーロJは昨年の来日時〔29.22.19.85〕の成績。重賞を4勝、連対率32.9%・複勝率45.2%は流石の成績である。乗り替わりも問題にはならないと見た。

カンタービレ

3歳馬カンタービレにデータ班は◎(撮影:日刊ゲンダイ)

 対する古馬勢は4歳馬から。条件としてはシンプルに距離実績。過去10年の連対馬20頭中18頭に芝2000m以上で1着があった。前走でGII以上に出走していた4歳馬でこれをクリアしたのはモズカッチャンレッドジェノヴァの2頭。ともに牡馬相手に好走と臨戦過程は申し分ない。

結論

◎カンタービレ
△モズカッチャン
△レッドジェノヴァ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

素質馬続々デビュー、★上位馬は?

来春のヒロイン候補は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル