【エリザベス女王杯回顧】完勝劇の裏で再確認 「GIを勝てる馬」は“もう1頭”いる

佐藤直文 レース回顧
エリザベス女王杯

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

三冠牝馬よりも一足お先に ブレイディヴェーグが古馬を駆逐

 前半1000m通過は61秒1の落ち着いた流れ。しかも前の2頭が後続を離していただけに、3番手以降は明らかなスローペースだった。雨の影響が残って内も荒れていた馬場だったが、道中で枠なりにロスなく立ち回った内枠の馬たちが馬番順に上位3着までを占める結果となった。

 ブレイディヴェーグは、スタートこそ相変わらず一息だったが、最内枠を利してリカバーし、最初のコーナーで5番手のポジションを確保。イメージよりも前で運ぶ形となったが折り合い自体はスムーズだった。直線でも、最後に追い出しを待たされた前走とは違って楽に抜け出し、着差以上の完勝。今日のようなレース運びができるのであれば、相手のレベルがもうワンランク上がっても期待できそうだ。

ブレイディヴェーグ

1番人気に推されたブレイディヴェーグがキャリア5戦目でGI制覇

 2着ルージュエヴァイユは、道中は勝ち馬を前に見る形で、ロスのない立ち回り。オークス以降は2000m以下の距離を使われてきたが、今なら2200~2400mあたりが合っていそうだ。

 3着ハーパーは、瞬発力勝負となっては分が悪いだけに、前々で運んで勝ちに行く競馬。ただ、勝ち馬にこれだけ巧く立ち回られては仕方なく、持ち味は出し切れたように思う。

 4着ライラックは、自分の競馬に徹して流れを味方に付けることこそできなかったが、ラストの脚は目下の充実ぶりを示すものだった。

 5着ジェラルディーナは、パドックからイレ込んでスタートも一息。最後は地力でここまで持ってきたが、まだいい頃の状態に戻っていなかったか。

 サリエラは、上位とは枠順やコース取りの差とも言えるもので、直線では目立つ伸び脚を見せていた。順調に使っていくことができれば、重賞はおろかGIにも手が届いていい馬であり、今後も目は離せない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

エプソムC「8.3万」函館スプリントS「9.3万」的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週月曜、または火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。