これぞまさしく異次元の脚 コパノキッキング、能力は既にGIレベル

佐藤直文 レース回顧
カペラS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ハマった」わけではない大外一閃 コパノキッキング

 テンの3ハロンは33秒4。遅くはない流れだが、実際にこのラップを刻んで逃げた馬が2着に残ったように、けっして後方待機馬に展開がハマる流れではなかった。しかしながら、これを直線で一気に差し切ってみせた勝ち馬の脚は、まさに次元が違ったと言うべきだろう。

 そのコパノキッキングだが、出遅れたというより芝スタートで行き脚が付かず、しかも内枠だったこともあって必然的に後方からの競馬となった。序盤こそ置かれていたが、3コーナー過ぎからほぼ馬なりのまま馬群の外を回って進出。直線を向いた時点でも、まだ前とはかなりの差があったが、まさに異次元の脚を見せて大外を一気に突き抜けた形だ。今日のようなスタートの課題こそあれ、能力は既にGIレベルと見て良く、距離の幅を広げられるのであれば、タイトル奪取の時期も早まりそうだ。

コパノキッキング

1番人気の3歳馬コパノキッキングが重賞初V(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着サイタスリーレッドは、前述したテンの33秒4は自己最速の数字ではあったが、とにかく行き切ればフルに力が発揮できることを改めて示したと言える。

 3着キタサンミカヅキは、中団のインを追走して直線でも馬群を割ってよく脚を伸ばしたもの。8歳馬でただ一頭だけ58キロの斤量を背負っていたことを考えても、力を示す走りだったか。

 4着タテヤマは、まだ敷居が高いかとも思われた重賞初挑戦だったが、見せ場十分の好内容。一戦ごとの地力強化ぶりが目覚ましい馬だ。

 5着ヴェンジェンスは、自分の競馬に徹して外から脚を伸ばしたが、一旦は並んだ勝ち馬との決め手の差は歴然としていた。ただ、オープン特別レベルならいつでも勝ち負けできるレベルの馬だろう。

 ハットラブは、2走前の準オープン勝ちが走破時計も上がり3ハロンの数字も今日の勝ち馬を上回っていたのだが、同じ後方からの競馬でこれだけの差を付けられたのだから、当時の時計を馬場差と考えるべきだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル