内枠&前有利の馬場でしてやったり ダイアナヘイロー、今ならマイルでも…

佐藤直文 レース回顧
阪神カップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

並びかけられてからもう一足 ダイアナヘイロー

 前半3ハロンが34秒8と、この距離の重賞としては落ち着いた流れ。この日の阪神芝は外を回っての差しがほとんど決まらない馬場状態だったこともあって、先行馬と内枠の馬に有利なレースだったと言える。実際にリプレイを見返してみるとわかるように、道中でインぴったりを回っていた4頭が上位4着までを占めた結果となった。

 ダイアナヘイローは、絡んでくる馬もおらず、今日のペースで逃げることができたのが最大の勝因と言えるが、直線で2着馬に並びかけられてからもう一足使って振り切ったあたり、けっして一本調子タイプではないことを改めて示したもの。年齢を重ねて距離にも融通が利いてきた感も受け、今ならマイルでも十分にこなせそうな気がする。

ダイアナヘイロー

逃げ切りで重賞3勝目をあげたダイアナヘイロー(左)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ミスターメロディは、好枠を生かして道中は絶好のポジションで運び、最高に近い立ち回り。最後は伸び負けした形となったが、これは勝ち馬の渋太さを褒めるべきで、これまた今後は1400~1600mでの活躍が期待できよう。

 3着スターオブペルシャは、後方から運ぶ形とはなったが、内をロスなく回って直線でもポッカリ開いたインをすくって差を詰めた。この中間は障害への転身も視野に置いて練習を重ねていたが、その効果による体質強化もあったろうし、まだまだ平地で活躍できる馬だ。

 4着ダイメイフジは、最内枠からロスのない立ち回りで流れ込んだもの。今日のところは恵まれた感を受けるが、重賞でも目が離せないレベルの地力を見に付けたと言えよう。

 5着ジュールポレールは、外枠もあってかジックリと脚を溜めての直線勝負に徹したが、前述したように後方から外を回った馬には出番のない競馬。直線では巧く馬群を捌いて伸びたが、ここまでが精一杯だった。

 ケイアイノーテックにも同じことが言えるが、流れに応じて動ける器用さを身に付けることが今後の課題となるだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン戦線の行方は!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル