無傷の大物がまた1頭 驚きのレースセンスでラストドラフト

佐藤直文 レース回顧
京成杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

坂上で突き放し完勝 ラストドラフト

 なかなかクラシックに直結しないレースで、その理由はいくつか挙げられるが、同舞台で行われる暮れのホープフルSが重賞、さらにGIへと昇格したことにより、より存在感も薄れそうな状況だ。ただ、頭数の割りに将来性のある馬たちが揃った今年は、ひょっとするとの期待をかけていいかもしれない。

 ラストドラフトは、前半1000m61秒1の緩いペースを2番手でキッチリと折り合って運び、残り800mからの一気のペースアップにも難なく対応。直線で坂を上がってからギアを上げて、後続を突き放す完勝だった。全くソツのない騎乗ぶりだった鞍上もさすがだが、キャリア2戦目でこれだけのレースセンスを示した馬自体、相当な器だと見ていいだろう。次はどこへ、そしてクラシックではお手馬の有力馬のいる鞍上が誰に替わるのかも気になるところだが、同じ無傷のライバルたちと肩を並べる存在になりそうだ。

ラストドラフト

桜花賞馬の仔ラストドラフトがデビュー2連勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ランフォザローゼスは、勝ち馬を見る形の3番手で運び、勝負どころからは他の馬には眼中がなく相手を1頭に絞ったかのごとく並びかけて行ったが、今日のところは相手が一枚上だった。ただ、一旦突き話されてからもう一度差を詰めたあたり、期待に違わぬ走りだったように思う。血統背景を考えても距離の融通が利きそうだが、マイルでの走りも見てみたい気がする。

 3着ヒンドゥタイムズは、好位のインをロスなく立ち回り、直線でも渋太く脚を伸ばしたもの。これまたキャリア1戦でこれだけのセンスを見せたのなら、今後が楽しみである。

 4着シークレットランは、緩いペースだったこともあってか前走よりも前のポジションで流れに乗れていたが、勝負どころで反応が悪くなってしまった。プラス12キロの重目残りだったあたり、レコード走だった前走の反動があったかもしれない。

 5着リーガルメインは、最後方から外をマクって直線を向いたあたりでは、オッと思わせたが、今日の流れではここまでが精一杯だった。ただ、これまた素質の高さは示す競馬で、いずれ重賞は勝てる器だろう。

 ダノンラスターは、向正面で外から一気に進出して好位に取り付いたが、以降は見せ場すらなかったもの。レース前からうるさい面を見せていて、道中でも若さを覗かせながらの走りだったことを考えても、気性面での成長が待たれるところだ。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・人気
  • 想定騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル