AJCCの特注データ 中山芝2200mの重賞を前年に勝っていると…

重賞データ攻略
アメリカジョッキークラブカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラシック三冠の最終戦、菊花賞で数々の不利なデータを覆して勝利したフィエールマン。2019年の始動戦、強敵は同世代か年長馬か。果たして今度はデータで読み切れるのか!?

一筋縄ではいかない可能性も?

 昨年は2番人気馬が勝利し、2着には1番人気。馬連460円と堅い決着になったが、過去を振り返ると、そう簡単なレースではなさそうだ。

人気別成績(過去10年)
1番人気〔2.2.0.6〕
2番人気〔3.2.2.3〕
3番人気〔1.1.3.5〕
4~5番人気〔3.1.1.15〕
6~10番人気〔1.3.4.42〕
11番人気〔0.1.0.36〕

 勝ち馬の10頭中9頭までが5番人気以内から出ているが、肝心の1番人気馬の成績が今ひとつ。それをよく2番人気がカバーしており、1番人気が馬券を外した6回中5回で2番人気が馬券に絡んでいる。

所属別成績(過去10年)
関東馬〔6.8.7.68〕
関西馬〔4.2.3.39〕

 複勝率では関東馬が23.6%、関西馬が18.8%。出走数が多い関東馬だが、好走率も上々の数字。

年齢別成績(過去10年)
4歳〔1.3.2.12〕
5歳〔4.0.3.20〕
6歳〔3.1.2.27〕
7歳〔2.2.1.23〕
8歳〔0.4.2.12〕

 4歳馬と8歳馬の連対率、複勝率が同じと、高齢馬でも好走するケースは少なくない。ただし、勝ち馬は7歳以下から選びたい。

前走GI組の強さが目立つ

 臨戦過程を振り返ると、GII戦とはいえ条件戦やOP特別からの臨戦馬も比較的多いが、個別のレースでは有馬記念や中山金杯組の数が多いのが特徴のひとつ。

前走レース別成績(過去10年)
有馬記念〔4.2.1.9〕
中山金杯〔1.1.2.23〕
中日新聞杯〔0.1.1.2〕
菊花賞〔0.1.0.1〕
1600万〔1.0.1.17〕
OP特別〔0.2.2.21〕
GIII〔1.4.3.29〕
GII〔3.0.2.19〕
GI〔5.4.2.21〕

 前走・GI組、特に前走・有馬記念組の好走が目立つ前走・GI組でみると、前走の着順に大きな傾向は見当たらないが、前走2~3着馬が〔0.1.0.4〕というのは気になる点(前走1着馬は出走ゼロだが…)。前走好走の反動は少なからずあるのかもしれない。その点から推すとすればサクラアンプルールジェネラーレウーノ。前走が一昨年の有馬記念というシャケトラは流石に割引きが妥当。

 前走・1600万組は、そもそも今回は出走馬がゼロ。前走・OP特別組は馬券に絡んだ4頭全てが前走も中山コースという馬。こちらも該当馬はゼロ。そうなると、残るはGII~GIII組。

 前走・GII~GIII組の最大の共通点は前走が2000m戦ということ。これは例外が1頭だけ。また、前走3着以内なら〔2.2.4.4〕と信頼度はなかなかのもの。一方、前走3番人気以内というグループも〔4.1.1.5〕という成績。この点から言えばショウナンバッハステイインシアトルダンビュライトメートルダールの4頭が浮上する。

軸にするなら?

 1番人気や前走・GI好走馬の不振と、ネガティブな要素が重なるフィエールマンだが、同馬はむしろそういったデータを覆してきた馬。鞍上のルメールJは2018年以降の中山芝1800m~2200mで〔17.6.6.10〕、連対率59.0%、複勝率74.4%と驚異的な数字を誇るだけに、上位評価は必要。

 それでも、軸にするならジェネラーレウーノをオススメしたい。というのも、中山芝2200mで行われている重賞は3鞍あるが、前年にこのいずれかを勝利している馬は過去10年で〔2.2.1.1〕と好成績。これを満たすのがジェネラーレウーノダンビュライト。昨年2着のミッキースワローもセントライト記念1着→菊花賞敗退からの好走だった。逆転があるなら中山4戦3勝のこの馬。

ジェネラーレウーノ

昨年のセントライト記念の勝ち馬ジェネラーレウーノ(撮影:日刊ゲンダイ)

結論

◎ジェネラーレウーノ
○フィエールマン
▲ダンビュライト
△サクラアンプルール
△ショウナンバッハ
△ステイインシアトル
△メートルダール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル