「完璧」北村友アルアイン 2着キセキは途中から動いていれば…

佐藤直文 レース回顧
大阪杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペースと馬場を追い風に アルアイン

 土曜に思っていた以上の降雨があり、当日も午後からようやく良馬場に回復したほどだったが、2分1秒0の決着タイムは渋った馬場のせいもあったとはいえ、やはり前半1000m通過61秒3という極端なスローペースゆえだったろう。このペースと馬場では、内有利、先行有利の結果となったのも当然だったか。

 アルアインは、出たなりに好位のインをロスなく運び、前にキセキを見る形でスムーズに折り合えていた。4コーナーでは、そのキセキが馬場の中ほどに持ち出したことで、前も綺麗に開いて抜け出したもの。キレ味不足を補える馬場も味方したとはいえ、これが待望のGI初制覇となった北村友騎手も完璧な騎乗だったと言える。それも含めて、今日は色々な好条件が重なっての勝利であり、今後もその条件が揃うかが鍵となる馬だろう。

アルアイン

うまく立ち回った9番人気アルアイン(赤帽)がGI2勝目(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着キセキは、スタートがあまり速くなかった上に、外からエポカドーロがハナを主張したこともあって、2番手で折り合う形。リズム良く運んで自身の脚は十分に溜まっていたが、自身が楽だった分、他の馬も楽だった。結果論ではあるが、途中から動いてペースを上げる自分本来の形に持ち込めていれば、勝てていたのではないかと思う。

 3着ワグネリアンは、序盤は少し行きたがるシーンもあったが、巧く宥めて中団のインを追走したもの。勝ち馬同様に、直線ではポッカリと開いたインをつくロスのない競馬で前を追い詰めた形だ。久々でも馬はデキていたし、ダービー馬に恥じぬ走りはできたように思う。

 4着マカヒキは、道中はロスなく内を回って直線で外へ持ち出されると一番の伸び脚を見せた。8頭出走していたGI馬の中でも人気は最も低かったが、今日の走りは完全復調をアピールするものだったと言える。

 5着エアウィンザーは、上位馬同様にロスのない立ち回りができていたが、それで伸び負けしたのは馬場のせいだけではないだろう。GIではまだ力不足と判断していい。

 ブラストワンピースは、今日のペースと馬場で外を回って追い上げる形ではこれが精一杯だったか。同じことはペルシアンナイトにも言え、直線半ばで寄られる不利がなかったとしても、上位には届かなかったであろう。ステルヴィオは、ペースを考えれば理想的な位置取りだったが、最後にバタバタになったのは、距離よりも状態に問題があったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

日本ダービー特集

2019年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 出走予定馬
  • 想定オッズ・人気
  • 想定騎手
  • 優先出走権
  • 賞金順
  • 次走予定

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

今春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル