後ろの馬は出番なし 8着ラッキーライラックは「積極的に行っていれば…」

佐藤直文 レース回顧
阪神牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

収穫のあるレースぶりで ミッキーチャームが初重賞V

 前に行きたい馬がそれなりに揃っていたのだが、スプリント寄りのダイアナヘイローがハナを主張したことで、他馬も自重してのスローペースに。結果、レースの上がりが33秒6では、中団以降の馬には出番がなくて当然だった。

 ミッキーチャームは、今日のスローな流れを好位で鞍上が巧く宥めながら運び、直線を向いた時点で先頭に。こうなれば、逃げた秋華賞でアーモンドアイに1馬身半差2着の渋太さが存分に生きた形だ。シンガリ負けを喫した前走の中山牝馬Sは、控えたことより長距離輸送の影響と見て良く、同じ競馬で結果を出せたことは今後への大きな収穫となっただろう。

ミッキーチャーム

昨年の秋華賞2着馬ミッキーチャーム(黄帽)が重賞初V(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着アマルフィコーストは、大外枠から思い切って好位に取り付いたのが好走の最大の因だったと言えるが、これまで1400m戦主体に使われてきたとはいえ、マイルの方が合っている感を受けた。

 3着ミエノサクシードも、同様に外目の枠から好位をスムーズに運んで持てる力を出し切ったもの。実績が示すように、阪神では本当に走る馬だ。

 4着ダイアナヘイローは、直線で後続に並ばれた時点では馬群に沈むかとも思われたが、道中で楽なペースだった分、最後まで渋太く脚を使えていた。

 5着クロコスミアは、マイルは少し忙しい馬だが、好位から逃げた馬を交わせなかったあたりは、まだ本調子にないと見るべきか。

 ラッキーライラックは、好スタートを切りながら控えたことで、ゴチャついてポジションを下げる形に。今日のペースでは直線でもなかなか進路が見つからず、不完全燃焼と言える競馬だった。結果論ではあるが、積極的に前へ行っていれば楽に勝てただろうし、8着でも勝ち馬からコンマ2秒差なら、この一戦で評価を下げることはできまい。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル