後続幻惑の逃げで横山典リオンリオン ダービーでの秘策は?

佐藤直文 レース回顧
青葉賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それ相応の能力あり リオンリオン

 過去10年の勝ち馬のうち6頭までが、上がり3ハロンで最速の数字をマークしており、残る4頭中3頭も2番目の数字。そういうデータが示す通り、一にも二にも瞬発力がモノを言う性格のレースだが、この意識はおそらく有力馬のジョッキーにも共通してあったのではないだろうか。そして、それを逆手に取ったようなベテランの逃げに、後続がまんまと幻惑されたように感じた。

 リオンリオンは、スタートを決めてハナを主張すると、淀みないラップを刻んで前半1000mを59秒9で通過。稍重の馬場を考えれば明らかに速いペースだったが、これを好位から追いかけていた馬たちが動けなかったのは当然として、中団から後方の馬たちも縦長の展開の中で成す術がなかったと言える。とはいえ、この舞台での逃げ切りは馬にそれ相応の能力がないとできない芸当であり、鞍上が2度騎乗してその力を知っていたからこそであろう。本番でも同じ競馬でまんまと、というシーンは考えづらいが、今度はどんな秘策を練ってくるのかが興味深い。

リオンリオン

最後はハナ差ランフォザローゼスを押さえてリオンリオン(白帽)が逃げ切りV(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ランフォザローゼスは、勝ち馬を終始して視界に捉えながらのレース運びだったが、前述したようにそれなりの流れだったことと、瞬発力のある後続のライバルたちの意識もあったが、結果的には仕掛けが少し遅れてしまったと言える。ただ、自身も厳しい流れの中で最後まで脚を使ったあたり、自在性には長けており、これは本番でも勝ち馬以上に期待を抱かせる内容だった。

 3着ピースワンパラディは、先行グループから離れた中団の前目でキッチリと折り合いが付いて運べていたが、直線でもそれほど色気を持って追われていなかったのは、前が止まる流れだと鞍上も感じたからなのか。ダービーの出走権は獲得できなかったものの、先々は重賞戦線で活躍できる馬だろう。

 4着キタサンバルカンは、直線を向いたところでもまだ後方3番手だったが、そこからモノ凄い脚を使っていた。通常の年の通常の流れであれば、おそらく差し切っていたと思えたが、最後も脚は余っていただけに、デビューから連続騎乗していた北村宏騎手が怪我のために手綱を取れなかったことも痛かっただろう。

 5着サトノラディウスは、枠なりに中団の外を回る形で、直線でもしっかりと脚を伸ばしていたが、現状ではもうワンパンチ足りない印象を受けた。

 アドマイヤスコールは、好位追走も終始掛かり気味。折り合い面も含めた気性面での成長が待たれるところだ。ウーリリもまた、直線で追い出されてからフラフラして幼い面を見せていた。素材の高さに疑いのない馬だが、まだまだこれからだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 出走16頭
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル