初来日レーンが示した「腕」 猛追凌いでメールドグラース

佐藤直文 レース回顧
新潟大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

早目先頭から強い競馬で メールドグラース

 平成最後のJRA重賞となった新潟大賞典は、序盤こそ前2頭が後続を引き離す形だったが、1000m通過ラップが60秒8のスローペース。ただ、これは658mもの長い直線が最後に控えるこのコースとしては極端に遅い流れではなく、脚さえあればどの位置からでも、という競馬になった。

 メールドグラースは、外枠からうまく中団の馬群で流れに乗り、直線では馬場の真ん中から残り300mの地点で先頭に躍り出た。54キロのハンデもあったが、内と外から迫る上位人気馬の猛追を凌いだのは、強いの一言。序盤でしっかりとポジションを取り、直線でも早目先頭から追い負けなかったあたりも、初来日となったレーン騎手の腕達者ぶりを示したと言える。今日の走りからは、もう少し距離が延びてもいい感を受け、年齢からいっても今後が楽しみな馬である。

 2着ミッキースワローは、道中は後方のインでじっくりと脚を溜めて直線に賭ける形。少し前が壁になって追い出しを待たされるシーンこそあったが、トップハンデを背負っての瞬発力勝負でここまで来るのだら、やはり力がある。この先のGⅠ路線でも、十分に存在をアピールすることができるはずだ。。

 3着ロシュフォールは、立ち遅れ気味のスタートだったとはいえ、シンガリからの追走となったのには少々驚かされた。道中で無駄に脚を使わせたくないという鞍上のプランだったろうが、その甲斐もあって上がりはメンバー最速の32秒8。前には僅かに届かなかったが、今後も大事に使われて行けばいずれは大きなタイトルも狙える馬だろう。

 4着ルックトゥワイスは、同じ外枠でも勝ち馬とは対照的に終始外を回らされる形。直線では一旦勝ち馬に並びかけるシーンもあったが、突き放されてからはその差が埋まらなかった。ただ、この馬も2000mは距離不足であろう。

 5着ブラックスピネルは、スローの逃げで自身もけっして止まってはいないのだが、瞬発力勝負になっては分が悪かった。同じパターンの競馬でチャンスがあるとすれば、もう少し速いぺースの逃げで後続に脚を使わせる形だろう。

 メートルダールは、勝ち馬とほぼ同じ位置取りで直線を向いたが、追われての反応が今一息。まだいい頃のデキになかったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル