「只者ではなかった」間違いなくGIにも手が届く器ワイドファラオ

佐藤直文 レース回顧
ユニコーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初ダートで一発ツモ ワイドファラオが圧巻の逃走劇

 スタート直後に3頭が雁行状態でハナを争ったこともあり、前半3ハロンが33秒9というハイラップに。ただ、このペースの割りに極端な縦長の展開となったわけではなく、脚抜きのいい高速馬場や、結果的には2着馬を除いて前々で立ち回った馬たちが掲示板を占めたことを考えても、数字ほどのハイペースではなかったのかもしれない。

 ワイドファラオは、最内枠から抜群のスタートを決め、初ダートであっても芝の部分で十分な加速ができたことで、ハナ争いを制した形。半マイル通過も45秒8という速さであったが、そこから一旦息を入れて後続を引き付ける形となったことが、最後に2着馬に並びかけられてからのもうひと伸びに繋がったと言える。陣営もデビュー当初からダート適性を感じていたとはいえ、やはり初の実戦でこれだけの走りを見せるのは只者ではない証拠。ダートなら間違いなくGIにも手が届く器だろう。

ワイドファラオ

ワイドファラオ(白帽)が初ダートで重賞2勝目(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着デュープロセスは、序盤こそハイラップを中団で控える形だったが、外を回って徐々にポジションを上げ、直線で力強く抜け出す完璧なレース運び。最後は勝ち馬の驚異的な粘り腰に屈したが、これは相手を褒めるべきであり、これまたGIレベルの力を示したように思う。

 3着ダンツキャッスルは、序盤がスプリント戦並みのラップだったこともあってハナ争いに参加できなかったが、今日のように好位からでも競馬ができたことは大きな収穫だった。最後は流れ込む形での3着争いの中で、ゴール前でしっかりと脚を伸ばしたあたり、マイルよりも長い距離でこその馬だろう。

 4着ヴァニラアイスは、逆にマイルが少し長かったか。ただ、今日のペースで先行して崩れなかったあたり、これまた今後が楽しみな馬だ。

 5着エルモンストロは、好位のインをロスなく立ち回っての流れ込み。速い脚にには欠けるが上手な競馬ができるタイプだ。

 デアフルーグは、出遅れは許容範囲だったが、道中は2着馬を前に見るポジションで運びながら、直線を向いて反応できなかった。速い時計の決着に対応できなかったと言えばそれまでだが、まだこれからの馬かもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル