盾でも注目ショウナンパンドラ 20年ぶり牝馬のワンツー決着

【佐藤直文 先週のレース回顧】
先週も東西で今後のGIを占う重要なステップレースが行われた。中山のオールカマーは、ショウナンパンドラとヌーヴォレコルトで、20年ぶりとなる牝馬ワンツー決着に。菊花賞の最終トライアルである神戸新聞杯は、芝重賞初挑戦のリアファルが、スローの逃げに持ち込んで、リアルスティールの猛追を凌ぎ切った。

佐藤直文 レース回顧
オールカマー神戸新聞杯
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牝馬が強いのか それとも… 【オールカマー】

 1997年のメジロドーベル以来18年ぶりとなる牝馬優勝を果たしたショウナンパンドラ。そして20年ぶりの牝馬ワンツー決着となったわけだが、中山記念のヌーヴォレコルト、大阪杯のラキシスに続いて、今年の古馬中距離GIIにおいて、3頭目となる牝馬の勝ち馬が誕生したことになる。これだけ複数の牝馬が活躍する年も珍しいが、一方では、宝塚記念勝ちのラブリーデイが今年の中距離重賞を4勝もしているわけで、この路線での牡馬勢力が手薄であると言えるのかもしれない。

 ショウナンパンドラは、秋華賞勝ちや3着好走の宝塚記念がそうだったように、ロスなく運んでインから差すイメージのあった馬だが、今回は道中こそインで立ち回っていたが、直線では外に持ち出されて矢のような伸びを見せた。馬場の回復も進んで瞬発力が生きる状態となったのも良かったが、抜け出す脚の速さはさすがにディープインパクト産駒ならでは。このあとは天皇賞に向かうとのことだが、頭抜けた存在がないことを考えれば、伏兵以上の評価を与えていいかもしれない。

ショウナンパンドラ

外から鋭く伸びたショウナンパンドラが差し切り勝ち(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着ヌーヴォレコルトは、序盤にハミがかかって鞍上が手綱を抑え込むシーンも見られたが、好位のインで折り合いを付けて、直線では逃げたマイネルミラノの内から鋭く脚を伸ばした。ここまでは中山記念と同じパターンであったが、外から勝ち馬にあの脚を使われては仕方ない。ただ、3着以下の牡馬勢には2馬身の決定的な差を付けており、クビ差勝ちだった中山記念以上に内容は評価できるはずだ。

 3着ミトラは、年明けのアメリカJCC2着がフロックではなかったことを示した形だが、中山外回りの適性が高いと思える走りだった。今回が半年ぶりで、東京も走る馬だけに、今後も目が離せない。

 ロゴタイプは、プラス10キロの馬体が少し立派に映ったが、手応えほどの脚が使えなかったあたり、2200mは微妙に長いのかもしれない。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 特別登録馬
  • 想定単勝オッズ・人気
  • 日本ダービー戦績
  • 特別登録馬
  • 優先出走権
  • 賞金順

優馬@ソーシャル