伯父は幻の三冠馬といわれたフジキセキ 素質馬ロライマが★6つを獲得

【優馬2歳馬チェック】
2週連続で「マツクニ」ブランドから素質馬が出現。伯父にフジキセキがいるロライマが、ルメール騎手を背にデビュー戦を勝利した。中山では米GI7勝のジオポンティ産駒が日本初登場。アメリカンヘブンもまた期待の一頭だ。

優馬2歳馬&3歳馬チェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

伯父はフジキセキ 皐月賞を目指して ロライマ

9/27(日) 阪神5R 2歳新馬 芝2000m
ロライマ 牡 馬体重:450kg
★★★★★★ 6点〔OPクラス〕
騎手:C.ルメール 厩舎:(栗) 松田国
生産: 社台ファーム
父:キングカメハメハ
母:ミルフィオリ(サンデーサイレンス)

少しトモを落とし気味のスタートだったが、ゲートの出自体は悪くなかった。1000m通過が66秒フラットという超スローの展開でも折り合いはピタリ。4角辺りから先に動いた2着馬を追いかけるように進出。ラスト3Fが11秒4~11秒5~11秒5と刻まれた中でキッチリと差し切った。着差は「アタマ」差でも、鞭を入れずに勝ち切った点や走りのフォームが良く、全体的なレベルは高い。

ロライマ

着差はわずかながら“鞭なし”でデビュー戦を勝利したロライマ(撮影:日刊ゲンダイ)

馬体診断

450キロという馬体重もそうだが、ムダ肉がなく好仕上がり。骨太でありながら手先の軽い捌きでパドックを周回しており、父キングカメハメハの瞬発力を良く受け継いでいるといった印象。それほど胴長でもなく、距離の下限は1600m位だろうが、2000mより長い距離となるとやや不安か。中距離で瞬発力勝負なら持ち味を生かせそう。

血統診断

母ミルフィオリはフジキセキの全妹。ダートの1800m戦で勝ち上がり、芝の1600~2000mで3勝。秋華賞にも出走した(11着)。本馬の全兄サトノバリアントはダートで2勝しているが、その全兄よりも造りが軽く柔軟性もあるので、現状では芝の方が良さそう。今年の2冠馬ドゥラメンテを輩出したように、父キンカメ×母父サンデーサイレンスという定番の配合。

馬券の狙い目→ベストは2000m、瞬発力勝負が理想。皐月賞トライアルが一応の狙い目。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル