すでに1~3着馬は決まっている? 意外なほど明らかな函館記念の傾向

重賞データ攻略
函館記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週唯一の重賞はサマー2000シリーズの第2戦、函館記念。波乱必至のハンデ戦、データで浮上した馬とは一体…!?

傾向自体はハッキリ

 過去10年、1番人気が〔0.1.0.9〕と大不振のレースだが、勝ち馬と2~3着馬の傾向は意外なほどハッキリしており、勝ち馬10頭は全て2~5番人気馬。一方、2~3着馬20頭のうち18頭までが6番人気以下。軸には上位人気馬を据え、紐荒れで高配当を狙うのがいいだろう。

 勝ち馬10頭の共通点は同年に1着か重賞2~4着があること。その上で、前走が重賞(10頭中8頭)、前走5着以内(10頭中9頭)もポイント。この条件を唯一クリアしているのがステイフーリッシュ。前走・鳴尾記念の4歳馬で、斤量56キロ→57.5キロというのは2013年の勝ち馬トウケイヘイローと全く同じ。一連の実績を素直に信頼したい。

ステイフーリッシュ

勝ち馬の条件をクリアしたのはステイフーリッシュのみ(撮影:日刊ゲンダイ)

条件ピタリ! 激アツの穴馬とは…?

 次は2~3着候補の穴馬を探してみたい。6番人気以下で馬券に絡んだ18頭のポイントを整理すると、以下の通り。

函館記念2~3着馬のポイント(過去10年、6番人気以下の18頭が対象)

  • 5歳以上(18頭中14頭)
  • 56キロ以下(18頭中14頭)
  • 今回斤量減もしくは同斤量(18頭中17頭)
  • 前走1800m~2000m(18頭中14頭)
  • 前走1着もしくは勝ち馬から1秒差未満(18頭中14頭)
  • 函館・札幌の芝で3着以内(18頭中13頭)
  • 重賞3着以内(18頭中14頭)

 人気薄の好走馬が多く、傾向は絞りにくいものの、概ね上記のような共通点があった。今回のメンバーではドレッドノータスブラックバゴの2頭が、これらのポイントを全てクリア。

 ドレッドノータスは前走の巴賞で5着。巴賞組は上記の18頭中、最多の7頭を占めており、うち6頭までがその前走で3~6着と「ソコソコ」健闘していた馬。実績的には、右回りの芝2000m戦で〔4.1.4.4〕、2歳時のGIII・京都2歳Sなど、この条件はピッタリだ。

 ブラックバゴは鳴尾記念6着からの臨戦。同じく右回りの芝2000mでは〔3.1.1.5〕で、GII・ホープフルSで3着など重賞実績もあり、当舞台でも1600万特別を好時計で快勝と、洋芝適性も十分。この2頭で高配当ゲットを目指したい。

1着候補

ステイフーリッシュ

2~3着候補

ドレッドノータス
ブラックバゴ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル