ミッキーチャームの相手は… 捻り出された1頭の穴馬

重賞データ攻略
クイーンS
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ2年はGI馬が貫禄を示して勝利。今年はそのGI馬が不在だが、重賞好走馬や上がり馬が集結し、夏の女王決定戦はヒートアップ!

ミッキーチャームは確勝級!?

 過去10年、1番人気が〔4.3.1.2〕と堅実に結果を残している。2番人気も3勝をマークし、牝馬限定の中距離戦という荒れそうな条件の割に上位人気馬の信頼度はマズマズだろうか。臨戦過程としては次の通り。

前走レース別成績(過去10年)
ヴィクトリアマイル〔2.4.3.10〕
オークス〔2.0.1.8〕
マーメイドS〔1.2.2.23〕
1000万〔0.0.0.11〕
1600万〔2.2.2.17〕
OP特別〔0.1.1.7〕
GII・GIII〔2.3.3.36〕
GI〔6.4.4.22〕

 前走・GI組は連対率27.7%、複勝率38.8%で一歩抜けた存在。馬券に絡んだ14頭の共通点は、重賞連対実績(14頭全馬)、GIで0.5秒差以内(14頭中11頭)、3~5歳(14頭全馬)。これに当てはまるのはミッキーチャームだけ。上位人気が予想されるが、逆らいにくい存在である。

 クイーンSの日程が繰り上がってからの過去7年間、GI連対実績と札幌・函館の洋芝での連対実績、両方を持つ馬が〔3.1.1.2〕。このうち1~2番人気に限れば〔3.1.1.0〕と全て馬券圏内。秋華賞2着&洋芝〔3.0.0.0〕と実績&洋芝適性◎のミッキーチャームが軸で決まり。

ミッキーチャーム

昨年夏の函館-札幌で3戦3勝のミッキーチャーム(黄帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

相手候補は波乱の目も…

 冒頭で述べた通り、1番人気は過去10年で7連対。ただし、問題はその相手候補。1番人気が連対した年の、もう1頭の連対馬の人気は、11・10・10・8・7・9・4番人気で、一筋縄ではいかない雰囲気。相手候補は少し変化球気味でも捻り出してみたい。

クイーンS7番人気以下の連対馬(過去10年)
2009年 11番人気1着 ピエナビーナス 札幌・函館芝〔4.1.0.2〕
2011年 10番人気2着 コスモネモシン フラワーC2着・紫苑S3着
2012年 10番人気2着 ラブフール 札幌芝1800m〔1.1.0.0〕
2013年 8番人気2着 スピードリッパー 札幌・函館芝〔1.2.0.0〕
2015年 7番人気1着 メイショウスザンナ フラワーC2着
2016年 9番人気1着 マコトブリジャール 福島牝馬S1着

 狙いを定める上でのポイントは、右回り・コーナー4つ・牝馬限定の芝中距離OP~重賞での好走実績か、明らかな洋芝巧者であること。ただ、洋芝巧者タイプにしても1600万2~3着の実績は最低でも必要。今回、人気薄ではカリビアンゴールドがこれに合致。洋芝〔1.3.1.0〕に加え、紫苑Sでは秋華賞馬ディアドラとハナ差の2着。穴候補として注目の存在だ。

推奨馬

ミッキーチャーム
カリビアンゴールド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル