「千直の王」を襲名ライオンボス 千二のスプリンターズSでも…

佐藤直文 レース回顧
アイビスサマーダッシュ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斤量増も急遽の鞍上交替も心配ないさ~ ライオンボス

 昨年までに直線1000mで54秒を切る時計が出たのは6回あったが、それは全てこのアイビスサマーダッシュおいてマークされたもの。今年の韋駄天Sの53秒9は、アイビス以外では初の54秒切りであったと同時に、夏場よりも少し時計のかかる春の開催で叩き出された時計という点でも大きな価値があった。それだけレベルの高かった韋駄天Sと、着差も同じでのワンツーというのも至極順当な決着だったと言える。

 そのライオンボスは、この舞台での過去2戦同様に抜群のスタートダッシュで、最初の2ハロンで大外ラチ沿いのビクトリーロードを確保。鮫島駿騎手の負傷による急遽の騎乗となった田辺騎手だったが、他馬の目標となってもこの形しかない、という決め撃ちで、ゴールまで後続を寄せ付けない完勝だった。前半2ハロン22秒1、上がり3ハロン33秒0での55秒1は、韋駄天Sでの21秒7-32秒2と比べても少し拍子抜けする時計だったが、斤量の3キロ増に加えて、向かい風の影響があったことも否めず、時計以上の強さだったと言えるだろう。今後は1ハロンの距離延長とコーナーが課題になるとはいえ、スプリンターズSでも注目すべき存在になったことは間違いない。

ライオンボス

千直3連勝で一気に重賞を制したライオンボス(左緑帽)(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着カッパツハッチは、韋駄天Sでは外枠も味方に付けた感も否めなかったが、今回の枠順でこれだけの走りを見せたことは評価すべきだろう。こちらは1200mでも実績のある馬であり、重賞でも通用するスピードを示したことは、今後に繋がるはずだ。

 3着オールポッシブルは、外枠を利してハナへ行く構えを見せたが、勝ち馬のスピードには敵わなかった。ただ、ブリンカーの効果は十分に窺え、この舞台の適性の高さも示したと言える。

 4着トウショウピストは、無理をせずに外ラチ沿いでの後方待機だったが、意外と外が密集しなかったこともあってか、勝ち馬の直後を伸びてきたもの。直線競馬は初めてだったが、適性はありそうだ。

 5着レジーナフォルテは、道中は2着馬と並走する形で積極的に勝ちに行ったが、落鉄もあったようでこの結果も仕方ないだろう。

 ダイメイプリンセスは、外目の枠だった昨年とは違い、今年の内枠では厳しかったと言えるが、昨年の状態にもなかった感を受ける。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

有馬記念特集

2019年有馬記念特集

有馬記念の出走馬一覧、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、予想単勝オッズを合わせて掲載。いまからレースが待ち遠しくなること間違いナシです。

  • 特別登録
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル