リオンリオンは「台風の目」 菊花賞を占う意味でも今回の結果は…

佐藤直文 レース回顧
セントライト記念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタミナが要求される舞台で見せた強さ リオンリオン

 舞台となった中山外回り2200mは、その独特なコース形態からロングスパートが利きやすく、たとえ時計勝負の馬場でも距離以上のスタミナが要求される。まして今回のような重馬場であれば、かなりの持久力が問われた舞台設定。出走馬全てが未知の距離となる本番の菊花賞を占う意味でも、今回の結果は重要視しなければならない。

 リオンリオンは、スタート直後こそハナへ行く構えを見せたが、行きたいのならどうぞ、と言わんばかりに先を譲って好位で折り合う形。結果以上に、こういう競馬ができたこと自体、大きな収穫だった。本番を見据えたプラス12キロの仕上げでも、馬には気合が漲っており、今日のような馬場でも全く苦にするところはなかった。ダービー上位組が控える今週の神戸新聞杯の結果次第ではあるが、レースを作れるという意味でも、菊花賞では台風の目となるであろう。

リオンリオン

好位から鮮やかに抜け出し重賞2勝目をあげたリオンリオン(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着サトノルークスは、けっして今日のような馬場が合うとは思えないディープインパクト産駒だが、枠なりにロスなく立ち回って渋太く脚を伸ばしたもの。春は、皐月賞にしろダービーにしろガタガタの状態に映ったが、それに比べるとかなりデキも戻っていたように思えた。

 3着ザダルも、良馬場が理想のタイプだが、インで揉まれる形から直線で馬群を割って脚を伸ばす競馬ができたことは収穫だった。ただ、本当に良くなるのはまだまだ先の馬かもしれない。

 4着ルヴォルグは、勝負どころから外を回って進出し、直線でも一瞬は突き抜けるかのシーンもあった。最後に止まったのは外を回った分もあっただろうが、距離も幾分長かったかもしれない。

 5着ニシノデイジーは、後方から外を回って追い上げる今までとは違うパターンの競馬。少し時計のかかる馬場自体は合うタイプであり、今日のところはポジション取りの差でもあったか。ラストの脚は本番へ望みを繋ぐものだったように思う。

 オセアグレイトは、理想的な立ち回りができたように思えたが、最後にバッタリ。直線の坂も合わなかったのだろうが、それ以上に力不足だったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

GI限定 1万円馬券勝負

GI限定 優馬トラックマン 1万円馬券勝負

優馬TM陣がGIの大舞台で馬券勝負。1レース1万円を元手とした「ガチ買い目」を、レース前日土曜に記事として公開しています。年間回収率TOPの座につくTMは果たして!?

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル