秋の府中はディープ祭り! ハイレベルな毎日王冠をデータでディープに検証

重賞データ攻略
サウジアラビアロイヤルカップ毎日王冠京都大賞典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サウジアラビアロイヤルカップ

 前身のいちょうSから引き継ぐ形で行われる新設重賞、サウジアラビアロイヤルカップ。いちょうS自体は昨年から格付けなしの重賞に昇格し、その前2年は芝1800mに条件変更、それ以前は東京芝1600mのOP特別として行われていた。歴代の勝ち馬にはエアグルーヴやメジロドーベルといった名牝や、重賞に格上げされた昨年は早速、イスラボニータというクラシックウイナーを輩出。来年を見据える上でも注目度の高いレースだ。

【昨年のいちょうS1~3着馬の共通点】

  • 左回りで連対
  • 初勝利時の距離が1600m~1800m

 まだしっかりしたサンプルが少ないが、上の2点はクリアしておきたい。ただ、これだけでもアストラエンブレムイモータルブレイブスマッシュの3頭に絞られるので、軸はここで決まり。

 もう少し探るなら、昨年の2、3着馬がともにネオユニヴァース産駒という点。今年は同馬の産駒はいないが、ネオユニヴァースの孫世代は3頭。アンライバルド産駒のトウショウドラフタ、トーセンファントム産駒のブレイブスマッシュハレルヤボーイ。穴なら先に挙がらなかったトウショウドラフタとハレルヤボーイを。

 ちなみに、トーセンファントムは2009年のいちょうS勝ち馬でもある。ブレイブスマッシュの横山典J、ハレルヤボーイの北村宏Jは2010年以降、東京芝1600mの2歳戦でともにトップの11勝。横山典Jは〔11.4.3.27〕で勝率が24.4%、北村宏Jは〔11.12.14.46〕で複勝率が44.6%という成績。この2頭は押さえておいて損はないだろう。

結論


アストラエンブレム
イモータル
ブレイブスマッシュ


ハレルヤボーイ
トウショウドラフタ

アストラエンブレム

同じ左回りのマイル戦で初勝利をあげているアストラエンブレム(撮影:日刊ゲンダイ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬2歳馬チェック

優馬2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル