大外枠も追い風に “女王”ミッキー レースレコードで堂々の二冠達成

【佐藤直文 先週のレース回顧】
牝馬三冠路線の最終章となる秋華賞。桜花賞、オークス、そしてローズSの勝ち馬で人気は三つ巴の様相を呈していたが、激戦を制したのは、オークス馬ミッキークイーン。1分56秒9という、レースレコードのおまけが付く快勝だった。

佐藤直文 レース回顧
秋華賞府中牝馬S
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名牝への道をまた一歩 ミッキークイーン 【秋華賞】

 この秋の開催、中山と阪神では、芝のクッション性を確保するエアレーションの効果で、極端な高速馬場とはならなかった。ところが、同じ作業を施している京都は違う。開幕週のオパールSでは、ビッグアーサーが1200mで1分6秒7のコースレコードタイをマークし、そして秋華賞では2000m1分56秒9。コースレコードにコンマ1秒と迫り、従来の記録を1秒以上更新して当分は破られないだろうと思われた昨年のレースレコードをコンマ1秒上回った。前半1000m57秒4という、これまたレース史上最速の超ハイラップが生んだ記録でもあるが、これだけの高速決着になると、いくらハイペースでも後方一気は至難の業。京都内回りコースならではの立ち回りの巧さが要求された一戦だった。

 ミッキークイーンは、不安視されていたゲートをポンと出た。この時点で、勝ち負けを確信した人もいたはずだ。偶数番の大外枠で最後にゲート入りできたことが良かったのだろうし、危惧する向きもあった大外枠が追い風になったと言える。道中は今までにない前目の位置で、さすがに自身も経験したことのないハイラップだったために、いつもの爆発的な末脚は見せなかったが、残り1ハロンを過ぎてからギアが上がってもうひと伸び。馬群を割る勝負根性という新たな貌も見せたことで、今後は名牝の道を歩むことだろう。

ミッキークイーン

中団から抜け出したミッキークイーンが追撃を振り切って優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 2着クイーンズリングは、道中で無駄に動かず、4角で外へ持ち出して上がり最速で追い込んだもの。持ち味を最大限に引き出したデムーロ騎手の巧みな騎乗だったが、前走のローズSが好位で運んで一息だったことで、腹を括ることができたのかもしれない。ギリギリと思える2000mで、これだけの勝負にまで持ち込んだ鞍上の腕を改めて称えたい。

 3着マキシマムドパリは、これだけの厳しい流れを好位で運んで勝ちに動いて、ということを考えればかなり評価していい。ひと夏を越しての成長が著しく、まだ1000万条件の身だが、いずれは重賞戦線に顔を出すはずだ。

 4着アンドリエッテは、向正面で最後方の位置からマクリ気味にガンガン動き、直線でも川田騎手のアクションに応えてよく伸びた。極端な競馬しかできない点に課題は残るが、内容的にはかなり強い競馬で、改めて能力は示したと言える。

 タッチングスピーチは、今まで経験したことのない速いラップを追走するのに苦労した印象。同じ後方からでも、ゆっくり運ばないと前走のような爆発的な脚が使えない。ただ、それでもコンマ3秒差まで追い上げているのだから、同じ京都でも外回りなら、という望みはある。トーセンビクトリーは、道中で力んでいた分、直線の伸びが一息。夏場に急速な成長を見せたが、まだまだ良くなる余地がある馬だろう。レッツゴードンキは、行かずに控えた策自体は悪くなかったと思うが、それで折り合いを欠いてしまってはどうしようもない。気性的な難しさの解消が、今後の課題となるだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スペシャルコンテンツ

2017年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

優馬@ソーシャル