ルージュバック の記事一覧

123

全41件中 1~20件目を表示

アドマイヤリード

あっと驚く4歳勢の上位独占 鮮やかルメール&アドマイヤリード

冴えていた鞍上に導かれアドマイヤリード土曜の雨で水分をたっぷりと含んでいた芝だが、日曜は曇りでさほど気温も上がらず、稍重止まりの馬場に。加え...

ミッキークイーン

ミッキークイーンに浜中は「絶対の信頼感」 ヴィクトリアM座談会

今週は、マイルの女王決定戦、ヴィクトリアマイルが行われる。3連単で2000万超えの配当となった一昨年のみならず、過去を振り返れば幾度も大波乱のドラマを生んだレースだ。今年はいったいどうなるのか、優馬TM陣が徹底討論。

ミッキークイーン

最有力ミッキークイーンの取捨は… ヴィクトリアMデータ予想

3頭のGI馬はすべて5歳馬。強敵といえるこの3頭に立ち向かうのが、世代交代を狙う4歳勢だが…。波乱の結末も多いヴィクトリアマイルをデータで徹...

競馬イメージ

横綱相撲で変則連覇! ヤマカツエースが地力強化を証明

理想的なステップにヤマカツエース今年からGIへ昇格した大阪杯のステップレースとして、昨年まではこの時期に行われていた中日新聞杯と施行時期を入...

キタサンブラック

名手ムーアのリアルVS天才武豊のキタサン TM馬券対決もヒートアップ

今週は秋開催の掉尾を飾るジャパンカップ。新旧のクラシックホースに昨年のグランプリホース、ここでGI初制覇を目指す馬も揃って、上位は拮抗ムードだ。そして、今年は3頭にとどまった外国からの参戦馬にチャンスはあるのか。優馬TM陣の答えは如何に。

ゴールドアクター

武豊キタサンは調教ランク3位! トップは大迫力の動きを見せたアノ馬

ジャパンカップ出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。秋古馬三冠の2戦目、有力馬達の調整過程のジャッジは如何に…。全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

デビュー2連勝で共同通信杯を制したリアルスティール(撮影:下野雄規)

キタサンブラックには不利なデータが多数 データ班の◎は…

ドゥラメンテ世代の2強に年長のグランプリホース、3歳勢からは皐月賞馬、そして外国馬が3頭と最高峰のレースに相応しいメンバーが揃った。データが...

モーリス

距離は杞憂モーリス完勝 香港でのラストランは馬券を買って応援を

王者の走りでモーリスが国内ラストランを飾る最内1番の絶好枠を引いたエイシンヒカリがハナを切る展開は大方の予想通りだったが、前半3ハロンが36...

モーリス

モーリス不人気で記者◎はアノ馬に集中 天皇賞・秋トークバトル

今週は中距離における最高峰の座を賭けた戦い、天皇賞・秋。内外のマイルGIを4勝している昨年の年度代表馬モーリスが、中距離王の称号も手にするのか。それとも、毎日王冠好走組や、昨年の1・2着馬らが壁となって立ちはだかるのか。そして海外でGIを制した馬たちも国内GI初制覇を狙ってきた。数々の名勝負を刻んできた東京2000mに、今年はどんなドラマが待ち受けているのか。優馬TM陣が激論を戦わせる。

ラブリーデイ

穴馬もランクインの調教BEST5 モーリスは3位、気になる1位は?

競馬専門紙「優馬」プレゼンツ『調教BEST5』。天皇賞(秋)出走馬で、調教・最終追い切りでの評価が高かった馬BEST5をご紹介します。豪華メンバーが揃って難解なレースとなりそうですが、追い切り評価が高かったのは…? 全馬の最終追い切り時計や、パドックでチェックすべきポイントも掲載。それでは第5位からカウントダウンスタート!

正攻法で安田記念を制したモーリス(撮影:日刊ゲンダイ)

天皇賞(秋)の勝利条件を検証 同距離2000m実績の必要性は?

マイル王モーリスが2階級制覇を目指して参戦。迎え撃つのは昨年の1、2着馬や海外でGIタイトルを手に入れてきた馬達。屈指の好メンバーをデータで...

ルージュバック

牡馬を底力でねじ伏せたルージュバック 是非とも天皇賞へ

牡馬相手に完全覚醒ルージュバック悲願のタイトルへ次はどっちだ?前半3ハロンが35秒8、4ハロンも48秒3という、予想された通りのスローペース...

アンビシャス

「勝って盾へ」ルージュバック 対するアンビシャスは仕上り微妙?

ここを勝って悲願のタイトル奪取へ上位人気は三つ巴?デスク「有力馬のほとんどが休み明けとなるのは例年のことだが、今回人気を集めそうなのは、まだ...

ルージュバック

毎日王冠の好走馬に変化あり ルージュバック、アンビシャスの取捨は?

リアルスティールの回避は残念だが、今年もなかなかの好メンバーが集まった毎日王冠。秋の天皇賞へ向けて弾みをつけるのは一体どの馬か?近年は好走馬...

ルージュバック

ルージュバック復活 “モノが違う” 上がり32秒8のキレ味

これまでのモヤモヤを吹き飛ばしルージュバックの完勝劇1週前の安田記念は、テンの3ハロンが35秒0、1000m通過が59秒1というスローな流れ...

ルージュバック

戸崎も太鼓判! 超絶好調ルージュバックが復活の舞台へ

GI帰りルージュバック、古豪フルーキーで軸は二分?エプソムCデスク「梅雨という一年で最も鬱陶しい時季を迎えたわけだが、今年は東京が梅雨入りし...

アルバートドック

フルゲートのエプソムC データ班は三拍子揃ったアノ馬に◎

香港C~イスパーン賞と海外GIを2連勝したエイシンヒカリが重賞初制覇を飾ったのが、このエプソムC。新たなるヒーローの誕生はあるか?素質溢れる...

ストレイトガール

さらなる快挙達成も可能 7歳ストレイトガールの完勝劇

直線真っ直ぐに突き抜けてストレイトガール連覇達成今週からBコースへ変更されたことにより、内有利の馬場に。好発を決めたレッドリヴェール、スマー...

ミッキークイーン

最高の状態ミッキークイーンが最強? 女傑激突ヴィクトリアM座談会

今週は、マイルの女王決定戦、ヴィクトリアマイルが行われるが、中長距離でも実績を残している馬が集い、まさに現役最強牝馬決定戦の様相を呈している。ただ、3連単で2000万超えの配当となった昨年のみならず、過去を振り返れば幾度も波乱のドラマを生んだレースだ。今年はいったいどうなるのか、優馬TM陣が徹底討論。

ショウナンパンドラ

昨年は推奨馬ミナレットが3着に大激走! データ班、今年の本命は…

昨年は3連単2000万超えの超大波乱!実績豊富な年長馬と素質豊かな4歳馬が府中のマイルでぶつかり合うのがヴィクトリアマイル。今年も波乱は起き...

全41件中 1~20件目を表示

123

優馬2歳馬&3歳馬チェック

優馬2歳馬&3歳馬チェック

6月~12月は、初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 年明けからは、クラシックを目指す3歳馬の戦いを毎週追いかけます。

全頭の★評価を網羅。ダービー候補はこの馬!

来春のヒロイン候補が出現!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

優馬@ソーシャル