2021年日本ダービー特集

2021年 日本ダービー 出馬表

第88回 東京優駿(日本ダービー) - GI
2021年5月30日(日)15時40分発走
天気:晴 馬場状態:良
東京競馬場 第11レース 芝2400m 17頭立て
1着賞金:2億円 2着:8000万円 3着:5000万円 4着:3000万円 5着:2000万円

オッズ更新日時:最終確定

緑字は日本ダービーでの通算成績

出走権=優先出走権あり、=賞金的に確実、=賞金的に微妙、×=除外濃厚

枠順

馬名

性齢

〔戦績〕

収得賞金

出走権

騎手
騎手

単勝オッズ

(人気)

エフフォーリア

牡3

〔4.0.0.0〕

8300万

騎手
横山武
〔0.0.0.1〕

1.7

(1)

父:
エピファネイア
主な勝ち鞍:
皐月賞(GI)
前走:
4/18皐月賞1
次走:
5/30日本ダービー

無傷の4連勝で皐月V。横山武の戦後最年少ダービーVもかかる。

主な勝ち鞍:
皐月賞(GI)
騎手:
横山武
〔0.0.0.1〕
エピファネイア
〔0.0.0.0〕
ケイティーズハート
(ハーツクライ)
(美)
鹿戸雄一
〔0.0.0.1〕
馬主:
キャロットファーム
〔1.1.0.13〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

ヴィクティファルス

牡3

〔2.1.0.1〕

3850万

騎手
池添
〔1.0.1.9〕

95.6

(14)

父:
ハーツクライ
主な勝ち鞍:
スプリングS(GII)
前走:
4/18皐月賞9
次走:
5/30日本ダービー

共同通信杯でエフフォーリアの2着。皐月賞は見せ場なく敗戦。

主な勝ち鞍:
スプリングS(GII)
騎手:
池添
〔1.0.1.9〕
ハーツクライ
〔1.3.0.10〕
ヴィルジニア
(Galileo)
(栗)
池添学
〔0.0.0.1〕
馬主:
G1レーシング
〔0.0.0.2〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

タイムトゥヘヴン

牡3

〔1.2.0.4〕

2250万

騎手
石橋脩
〔0.0.1.2〕

253.8

(17)

父:
ロードカナロア
主な勝ち鞍:
前走:
5/9NHKマイル6
次走:
5/30日本ダービー

桜花賞馬キストゥヘヴンが母。京成杯ではグラティアスの2着。

主な勝ち鞍:
騎手:
石橋脩
〔0.0.1.2〕
ロードカナロア
〔0.0.0.2〕
キストゥヘヴン
(アドマイヤベガ)
(美)
戸田博文
〔0.1.0.2〕
馬主:
DMMドリームクラブ
〔0.0.0.1〕
生産:
オリオンファーム
〔0.0.0.0〕

レッドジェネシス

牡3

〔3.0.2.2〕

3600万

騎手
横山典
〔2.3.0.18〕

57.0

(13)

父:
ディープインパクト
主な勝ち鞍:
京都新聞杯
前走:
5/8京都新聞杯1
次走:
5/30日本ダービー

ゆきやなぎ賞、京都新聞杯と2000mを超えるレースで連勝。

主な勝ち鞍:
京都新聞杯
騎手:
横山典
〔2.3.0.18〕
ディープインパクト
〔6.3.3.10〕
リュズキナ
(Storm Cat)
(栗)
友道康夫
〔2.0.0.6〕
馬主:
東京ホースR
〔0.0.0.4〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

ディープモンスター

牡3

〔3.1.0.1〕

2100万

騎手
武豊
〔5.3.2.21〕

23.7

(7)

父:
ディープインパクト
主な勝ち鞍:
すみれS
前走:
4/18皐月賞7
次走:
5/30日本ダービー

皐月賞7着も伸び脚は目立っていた。京都新聞杯回避で直行。

主な勝ち鞍:
すみれS
騎手:
武豊
〔5.3.2.21〕
ディープインパクト
〔6.3.3.10〕
シスタリーラヴ
(Bellamy Road)
(栗)
池江泰寿
〔1.2.2.16〕
馬主:
DMMドリームクラブ
〔0.0.0.1〕
生産:
矢野牧場
〔0.0.0.1〕

バジオウ

牡3

〔2.2.1.1〕

1600万

騎手
大野
〔0.0.0.0〕

122.8

(15)

父:
ルーラーシップ
主な勝ち鞍:
プリンシパルS
前走:
5/8プリンシパルS1
次走:
5/30日本ダービー

祖母に桜花賞馬ダンスインザムード。プリンシパルVで最終切符。

主な勝ち鞍:
プリンシパルS
騎手:
大野
〔0.0.0.0〕
ルーラーシップ
〔0.0.0.4〕
フローレスダンサー
(ハービンジャー)
(美)
田中博康
〔0.0.0.0〕
馬主:
鈴木剛史
〔0.0.0.0〕
生産:
社台ファーム
〔6.8.4.68〕

グラティアス

牡3

〔2.0.0.1〕

2300万

騎手
松山
〔0.0.0.5〕

43.2

(10)

父:
ハーツクライ
主な勝ち鞍:
京成杯(GIII)
前走:
4/18皐月賞6
次走:
5/30日本ダービー

約4ケ月ぶりの皐月で2着馬とは0秒2差の6着。未知の魅力あり。

主な勝ち鞍:
京成杯(GIII)
騎手:
松山
〔0.0.0.5〕
ハーツクライ
〔1.3.0.10〕
マラコスタムブラダ
(Lizard Island)
(美)
加藤征弘
〔0.0.0.3〕
馬主:
スリーエイチR
〔0.0.0.0〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

ヨーホーレイク

牡3

〔2.1.1.1〕

1650万

騎手
川田
〔1.0.1.12〕

18.4

(6)

父:
ディープインパクト
主な勝ち鞍:
紫菊賞
前走:
4/18皐月賞5
次走:
5/30日本ダービー

ホープフルS3着、皐月賞では5着。安定感のある末脚が武器。

主な勝ち鞍:
紫菊賞
騎手:
川田
〔1.0.1.12〕
ディープインパクト
〔6.3.3.10〕
クロウキャニオン
(フレンチデピュティ)
(栗)
友道康夫
〔2.0.0.6〕
馬主:
金子真人HD
〔3.0.2.11〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

ラーゴム

牡3

〔2.2.0.1〕

2900万

騎手
浜中
〔1.0.0.6〕

186.5

(16)

父:
オルフェーヴル
主な勝ち鞍:
きさらぎ賞(GIII)
前走:
4/18皐月賞13
次走:
5/30日本ダービー

きさらぎ賞Vも皐月では大敗。道中の折り合いに課題が残る。

主な勝ち鞍:
きさらぎ賞(GIII)
騎手:
浜中
〔1.0.0.6〕
オルフェーヴル
〔0.1.0.2〕
シュガーショック
(Candy Ride)
(栗)
斉藤崇史
〔0.0.0.1〕
馬主:
林正道
〔0.0.0.1〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

10

シャフリヤール

牡3

〔2.0.1.0〕

2300万

騎手
福永
〔2.2.0.17〕

11.7

(4)

父:
ディープインパクト
主な勝ち鞍:
毎日杯(GIII)
前走:
3/27毎日杯1
次走:
5/30日本ダービー

毎日杯を驚異のレコードタイムでV。GI2勝アルアインの全弟。

主な勝ち鞍:
毎日杯(GIII)
騎手:
福永
〔2.2.0.17〕
ディープインパクト
〔6.3.3.10〕
ドバイマジェスティ
(Essence of Dubai)
(栗)
藤原英昭
〔1.1.0.8〕
馬主:
サンデーレーシング
〔3.3.2.23〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

11

ステラヴェローチェ

牡3

〔2.1.1.1〕

3400万

騎手
吉田隼
〔0.0.0.0〕

40.2

(9)

父:
バゴ
主な勝ち鞍:
サウジRC(GIII)
前走:
4/18皐月賞3
次走:
5/30日本ダービー

朝日杯FS2着、皐月賞3着。府中でパフォーマンスUPの可能性も。

主な勝ち鞍:
サウジRC(GIII)
騎手:
吉田隼
〔0.0.0.0〕
バゴ
〔0.0.0.0〕
オーマイベイビー
(ディープインパクト)
(栗)
須貝尚介
〔0.0.0.7〕
馬主:
大野剛嗣
〔0.0.0.0〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

12

ワンダフルタウン

牡3

〔3.1.1.0〕

4700万

騎手
和田
〔0.0.1.8〕

16.2

(5)

父:
ルーラーシップ
主な勝ち鞍:
青葉賞(GII)
前走:
5/1青葉賞1
次走:
5/30日本ダービー

約5ヶ月ぶりの青葉賞で接戦制し重賞2勝目。勝負強いタイプか。

主な勝ち鞍:
青葉賞(GII)
騎手:
和田
〔0.0.1.8〕
ルーラーシップ
〔0.0.0.4〕
シーオブラブ
(ディープインパクト)
(栗)
高橋義忠
〔0.0.0.1〕
馬主:
三田昌宏
〔0.0.0.1〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

13

グレートマジシャン

牡3

〔2.1.0.0〕

1650万

騎手
戸崎圭
〔0.2.0.5〕

11.1

(3)

父:
ディープインパクト
主な勝ち鞍:
セントポーリア賞
前走:
3/27毎日杯2
次走:
5/30日本ダービー

府中で全2勝。レコード決着の毎日杯でシャフリヤールの僅差2着。

主な勝ち鞍:
セントポーリア賞
騎手:
戸崎圭
〔0.2.0.5〕
ディープインパクト
〔6.3.3.10〕
ナイトマジック
(Sholokhov)
(美)
宮田敬介
〔0.0.0.0〕
馬主:
サンデーレーシング
〔3.3.2.23〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

14

タイトルホルダー

牡3

〔2.2.0.1〕

5900万

騎手
田辺
〔0.0.0.6〕

30.4

(8)

父:
ドゥラメンテ
主な勝ち鞍:
弥生賞(GII)
前走:
4/18皐月賞2
次走:
5/30日本ダービー

弥生賞の勝ち馬。皐月は8番人気の低評価も渋太さ見せ2着に。

主な勝ち鞍:
弥生賞(GII)
騎手:
田辺
〔0.0.0.6〕
ドゥラメンテ
〔0.0.0.0〕
メーヴェ
(Motivator)
(美)
栗田徹
〔0.0.0.0〕
馬主:
山田弘
〔0.0.0.0〕
生産:
岡田スタツド
〔0.0.0.0〕

15

アドマイヤハダル

牡3

〔3.0.0.2〕

2100万

騎手
Mデムーロ
〔2.0.1.5〕

45.3

(11)

父:
ロードカナロア
主な勝ち鞍:
若葉S
前走:
4/18皐月賞4
次走:
5/30日本ダービー

エリカ賞、若葉Sを連勝。皐月賞でも2着馬とは0秒1差の4着。

主な勝ち鞍:
若葉S
騎手:
Mデムーロ
〔2.0.1.5〕
ロードカナロア
〔0.0.0.2〕
スウェアトウショウ
(ディープインパクト)
(栗)
大久保龍志
〔0.1.0.3〕
馬主:
近藤旬子
〔0.0.0.2〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

16

サトノレイナス

牝3

〔2.2.0.0〕

4300万

騎手
ルメール
〔1.1.1.2〕

5.1

(2)

父:
ディープインパクト
主な勝ち鞍:
サフラン賞
前走:
4/11桜花賞2
次走:
5/30日本ダービー

桜2着馬が参戦。ウオッカ以来14年ぶりの牝馬ダービー制覇へ。

主な勝ち鞍:
サフラン賞
騎手:
ルメール
〔1.1.1.2〕
ディープインパクト
〔6.3.3.10〕
バラダセール
(Not For Sale)
(美)
国枝栄
〔0.0.1.6〕
馬主:
サトミHC
〔0.2.1.4〕
生産:
ノーザンファーム
〔9.9.8.85〕

17

バスラットレオン

牡3

〔3.0.2.3〕

3600万

騎手
藤岡佑
〔0.0.0.5〕

53.9

(12)

父:
キズナ
主な勝ち鞍:
NZT(GII)
前走:
5/9NHKマイル中止
次走:
5/30日本ダービー

NZT圧勝もNHKマイルCでは落馬。鬱憤は大舞台で晴らす。

主な勝ち鞍:
NZT(GII)
騎手:
藤岡佑
〔0.0.0.5〕
キズナ
〔0.0.0.1〕
バスラットアマル
(New Approach)
(栗)
矢作芳人
〔2.0.0.4〕
馬主:
広尾レース
〔0.0.0.1〕
生産:
三嶋牧場
〔0.1.0.1〕

スプリンターズS 31万6750円的中 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

合わせて読みたい!

調教BEST5

【日本ダービー・調教BEST5】4位には“とびっきりの穴馬”がランクイン!

とっておき穴馬

ダービーで買うべき穴の2頭 逆転候補はサトノレイナスだけじゃない

重賞データ攻略

【日本ダービー・データ予想】エフフォーリアの相手をズバリ!!

想定班レポート

人気の中心エフフォーリア、サトノレイナスの勝負気配を陣営に聞いた!【日本ダービー】

想定班レポート

関西馬を侮ってはいけない ダービーの資金稼ぎには宮本厩舎勢を【栗東・想定班レポート】

日本ダービー データルーム

日本ダービーをデータの観点から紐解くコンテンツ。「一番勝っている騎手」「相性のいい枠順」などなど、日本ダービーに纏わる数字を徹底的にご紹介します。

  • 優勝回数上位騎手
  • 現役騎手の騎乗成績
  • 優勝回数上位調教師
  • 現役調教師の成績
  • 優勝回数上位種牡馬
  • 種牡馬別成績
  • 枠番別成績
  • 馬番別成績
  • 人気別成績
  • 前走レース別成績
  • 前走着順別成績

日本ダービー歴代優勝馬

1932年(昭和7年)に創設された東京優駿(日本ダービー)の歴代優勝馬をご紹介します。1981年以降は動画と詳しい結果付き。そして2005年以降はさらにレース当日の優馬一面と写真付きで、競馬の祭典・日本ダービーを振り返ります。

昨年の日本ダービー2020年5月31日 東京芝2400m

1 コントレイル 福永 1人気 2.24.1
2 サリオス D.レーン 2人気
3 ヴェルトライゼンデ 池添 10人気 1 3/4

単勝1.4倍の支持を受けたコントレイルは、好スタートから前目でスムーズにレースを進めると、直線では外に進路を取る。2番人気のサリオスが外から伸びてきたところで、鞍上福永のムチが1発。グイッと加速すると、最後はサリオスに3馬身差をつけ、父ディープインパクトに続く無敗の2冠を達成した。

日本ダービーの概要

第80回日本ダービー優勝馬・キズナ撮影:下野雄規

 日本ダービーとは、安田伊左衛門により馬産の奨励を目的として1932年(昭和7年)に創設された日本競馬を代表する競馬のレースで、正式名称は「東京優駿」。現在は5月下旬から6月上旬の日曜に開催されることが多く、競馬ファンのみならず、多くの人の注目を集めるレースである。

 皐月賞、菊花賞とともに「牡馬三冠競走」を構成しているが、その中でも別格の扱いで、「競馬の祭典」と呼ばれる。日本ダービーを勝つことは日本のホースマンにとって最高の栄誉とされており、競馬に携わる者なら誰しも「勝ってみたい」と思うレースである。

 現在は、東京競馬場の芝コース2400メートルで施行される国際競走で、格付けはGI。サラ系の3歳牡馬・牝馬のみ最大18頭が出走でき、背負う斤量は牡馬が57kg、牝馬が55kgの定量となっている。創設時1万円だった1着賞金額は、現在2億円。これは、ジャパンカップ、有馬記念に次ぎ、日本で3番目に高い賞金額のレースということになる。

 過去の勝ち馬には、シンザンやシンボリルドルフといった三冠を達成した馬をはじめ名馬の名が刻まれており、多くのドラマや伝説が現在まで語り継がれている。皐月賞が「最も速い馬が勝つ」、菊花賞が「最も強い馬が勝つ」とされているのに対し、日本ダービーは「最も運のいい馬が勝つ」と言われている。