サブちゃんの悲願成就とキタサンブラック北村宏の“神騎乗”に、心底から拍手を

佐藤直文 レース回顧
菊花賞富士S

日本ダービー「21万2500円」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

腹を括っての直線勝負で ダノンプラチナ 【富士S】

 GIIIながら新旧のGIホースが5頭も揃う豪華メンバー。その5頭のうちの3頭が前でレースを引っぱる展開となったが、それらを直線でねじ伏せたのもまた、GI馬だった。

 ダノンプラチナは、スタートで後手を踏んでしまったが、これは出遅れではなくスタート直後に挟まれてしまったもの。内枠だったこともあり、蛯名騎手も無理をせずに腹を括っての後方待機となった形だ。ただ、4コーナーをキレイに回って、スムーズに外へ。ゴチャつく馬群を避けて脚を伸ばすことができたという点で、出負けもプラスに転じたと言える。いずれにしろ、色々な競馬ができるタイプであり、京都の高速馬場となるマイルCSでも流れに乗る形で運ぶことができれば、好勝負になりそうだ。

ダノンプラチナ

昨年の2歳王者ダノンプラチナが外から鋭く伸びて優勝(撮影:日刊ゲンダイ)

 サトノアラジンも、負けず劣らずのスムーズなレース運びができたが、今日のところはしょうがない2着。賞金的にマイルCSへの出走は微妙なところだが、マイル戦でよりキレ味を発揮することを示し、京都の馬場も合いそうだ。何より、レース直後にルメール騎手が“次はイケる”と、かなり自信たっぷりだった様子で、出走が叶えば面白い存在となりそうだ。

 3着ロゴタイプは、今日のようなスローな流れよりも、もっとキツいペースで渋太さを発揮する馬。ただ、58キロを背負って地力は存分に示しており、今後は1600~1800mに照準を合わせる方がいいと思える。

 フルーキーは、前走と同じく好位からの競馬だったが、本来は脚を溜めて弾ける馬。色気を持って行った分、ジリジリとしか伸びなかった印象だ。同じことがグランシルクにも言え、1・2着馬のようにしっかりと脚を溜めていれば、際どい勝負になっていたかもしれない。

忘れずに買おう 次走の注目馬

まず一頭目は、東京日曜3R、4着レッドゼルク。出負けした上に物見もして、前半は競馬にならなかったが、直線では目立つ伸び脚。距離はもっとあった方がいい印象も受けたが、真面目に走れば未勝利はアッサリだろう。

 二頭目は、東京日曜4R、4着アルジェンテ。直線で何度も進路を切り替えて脚を余したものであり、スムーズだったらと惜しまれる一戦。こちらも距離はもっとあった方が良く、次走1600mか1800mなら確勝級だろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

日本ダービー「21万2500円」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー「21万2500円」的中!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

日本ダービー特集

2024年日本ダービー特集

日本ダービーの出走予定馬、予想、単勝オッズ、結果、動画、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、ゴール前写真、歴史などを紹介する特集ページ。『優馬本紙馬柱で振り返る日本ダービー』などオリジナルコンテンツも充実しています。

  • 全着順
  • 払戻金
  • レース動画
  • 枠順
  • オッズ
  • 騎手
  • 動画・写真
  • 優馬本紙の馬柱
  • 短評

優馬 現3歳馬チェック

優馬 現3歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬(現3歳馬)を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。