「ディープ記念」武豊のVに死角あり 代わって浮上は人気薄の新星

重賞データ攻略
弥生賞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

 いよいよ皐月賞トライアルがスタート。その一番槍の弥生賞は、今年から弥生賞ディープインパクト記念に改称。勝つのはディープ産駒か、それとも…。

武豊&ディープ産駒の信頼度は?

 今年から正式名称が「報知杯弥生賞ディープインパクト記念」となった当レース。ディープインパクト自身が勝ったレースでもあるが、その産駒も〔5.1.2.13〕という成績で、特に近4年連続で勝利中と勢い十分。

 今回のメンバーでディープインパクト産駒はサトノフラッグだけ。鞍上の武豊Jはディープ産駒に騎乗した際に〔101.84.74.362〕で連対率は29.8%と上々の数字。ただし、当レースに限っては2013年のキズナ(3番人気5着)、2019年もサトノラディウス(5番人気6着)と結果が出ていないのは気になるところ。

馬券妙味ならエピファネイア産駒!

 そこで狙ってみたいのがエピファネイア産駒。現3歳世代が初年度産駒になるが、中山芝2000mは〔4.3.1.11〕で連対率36.8%、最も勝ち鞍を挙げているコースである。

エピファネイア産駒のコース別成績(1着数の多い順)
中山芝2000m〔4.3.1.11〕
京都芝1600m〔3.4.5.18〕
小倉芝1200m〔3.1.0.18〕
東京芝1600m〔3.1.0.13〕
阪神芝1600m〔3.1.0.2〕

 そのエピファネイア産駒の中でも特徴的なのが「新馬戦勝ち馬の次走成績」。これは2019年中だと〔1.0.0.7〕で、新馬戦を勝ち上がっても苦戦気味だったが、2020年になると〔2.2.0.2〕とガラリと一変。じっくりとデビューを待った組の成長力を示す数字となっている。

新馬勝ちエピファネイア産駒の次走成績(2020年)
フローズンスタイル 1勝クラス(中山芝2000m) 2番人気4着
フェルミスフィア 菜の花賞(1勝クラス) 3番人気2着
スカイグルーヴ GIII・京成杯 1番人気2着
クラヴェル 白梅賞(1勝クラス) 4番人気6着
シーズンズギフト 若竹賞(1勝クラス) 1番人気1着
デアリングタクト エルフィンS(OP) 3番人気1着

 連対した4頭は新馬戦を1~2番人気で勝利。一方、馬券を外した2頭は新馬戦が3~4番人気での勝利だった。そこで狙いはオーロアドーネ。新馬戦は東京芝1600m戦だが、1番人気に応えての勝利。昨年の2着馬シュヴァルツリーゼと同様に、キャリア1戦の新星を波乱の使者に指名する。

オーロアドーネ

先月2日にデビューしたばかりの新星オーロアドーネ(撮影:日刊ゲンダイ)

特注馬

オーロアドーネ

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 秋GI予想販売中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル