無観客パドックで“威厳”アーモンドアイ「世界の強豪が相手でも…」

佐藤直文 レース回顧
ヴィクトリアマイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

文句なしのスーパーホース アーモンドアイ

 朝の時点の稍重から発表が良馬場へと変わったのが午後の5レースから。急速に回復したとはいえ、先週あたりと比べるとやはり少し時計のかかる馬場では、速くて1分31秒台の前半という決着タイムを想定したのだが、超高速馬場だった昨年のこのレースで叩き出されたレコードにコンマ1秒差の1分30秒6には驚いた。しかも、持ったままで抜け出して、残り100mで鞍上が後方を確認したあとは流しての数字である。

 そのアーモンドアイ。パドックから馬場入りを経てスタートまで、実に落ち着いていて威厳すら感じさせる雰囲気だった。無観客での競馬も良かったのかもしれないが、これは精神面での成長を示すもの。スタート直後に致命的な不利を受けた安田記念とは違って、無理なく好位で流れに乗ることができたのも、馬自身がリラックスしていたからこそであろう。文句なしのスーパーホースとしての走りであり、今日のコンディションであれば、国内はおろか世界の強豪が相手であっても負けるシーンはなかったはずだ。

アーモンドアイ

名馬に並ぶGI7勝目をあげたアーモンドアイ

 2着サウンドキアラは、スタートを決めて好位で上手に立ち回り、不利とされる大外枠のロスを最小限に抑えた形。勝ち馬には馬なりのまま並ぶ間もなく交わされたが、そこからしっかりと伸びて後続を抑えたものであり、本当に力を付けている。

 3着ノームコアは、立ち遅れ気味のスタートから出して行って、道中は勝ち馬を前に見るポジション。外枠だっただけに、本来は勝ち馬の前で運びたかったと思えるが、昨年の覇者として改めて力を示す走りだった。

 4着トロワゼトワルは、自分の形に持ち込んで、最後まで止まることなく力を出し切ったもの。状態自体も、前走から大きく良化していたと言える。

 5着ダノンファンタジーは、好位を手応え良く運んでいたが、最後はキレ負けした印象。

 ラヴズオンリーユーは、枠なりにロスなく内を立ち回ったが、直線でスムーズに捌けなかったあたりは、やはり半年ぶりの影響か。ただ、2歳時以来のマイル戦だったことを考えれば、7着という着順ほど悪い内容ではなく、次は確実に変わってくるだろう。プリモシーンは、中団でモマれた上に、これまた直線での捌きが一息だったが、GIでは今一つ足りない印象が否めない。

優馬プレミアム 事前登録受付中

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

優馬プレミアム 事前登録受付中

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル