【葵ステークス・データ予想】今年も波乱は必至!?劇走穴馬を探せ!

重賞データ攻略
葵S

マーメイドS的中で払戻金11万9700円!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

【葵S】過去10年のデータから導かれた1頭とは!?

 葵ステークスは、2018年に重賞に格上げされてからの前3年で馬連平均配当が6000円台と一筋縄ではいかないレース。過去10年でみても、二桁人気馬もよく馬券に絡んでいるように非常に波乱度の高いレースといえる。過去10年の勝ち馬の中にはロードカナロア、ナックビーナスなど、その後の古馬スプリント路線でも活躍した馬を輩出している。ここでは過去10年のデータから馬券のキーポイントとなる馬を探っていく。

 

○性別、所属別成績

・牡馬、セン馬 〔4.4.7.66〕
・牝馬     〔6.7.2.51〕

・関東馬    〔1.1.4.35〕
・関西馬    〔9.10. 5.81〕

性別では牝馬が6勝と優勢、連対率も20%と牡馬に比べて高い好走率を誇る。関西圏ということもあり関西馬が9勝と圧倒的に有利な傾向。軸馬は関西所属の牝馬に絞る!

 

○キャリア別成績

・3戦  〔0.0.0.6〕
・4戦  〔2.0.0.12〕
・5戦  〔2.1.2.16〕
・6戦  〔3.3.1.15〕
・7戦  〔1.3.3.27〕
・8戦  〔1.2.1.14〕
・9戦  〔1.2.1.18〕

キャリア6戦馬が3勝、次いでキャリア4、5戦馬が2勝。連対率と複勝率はキャリア6戦馬がトップ!中心はキャリア6戦馬からピックアップしたい。

 

○前走距離別成績

・前走1000m組  〔0.0.0.1〕
・前走1200m組  〔3.3.1.33〕
・前走1400m組   〔6.6.6.66〕
・前走1600m組  〔1.2.2.17〕

前走1400m組の活躍が目立つが、前走芝1400mのオープンで3~5着に敗れた馬に限ると〔3.4.1.13〕とここでの巻き返しが多数。

 

〇結論

 この全ての項目に該当するのが、サルビア(牝3 栗東 鈴木孝厩舎) 

 ここまでキャリア6戦で、新馬戦では後のGI馬グレナディアガーズを撃破し、続く1勝クラスも勝ち2連勝。 素質を高く評価されていたが、折り合い面の課題もあり、重賞戦線では思ったほど結果が出なかった。しかし、前走ファルコンSで僅差の4着と復調気配が窺えたように重賞でも通用する能力は十分。 距離実績がないに越したことはないが、ここが初の1200m挑戦の馬でも過去10年で2勝2着1回の好走例があり問題はない。レースぶりからもスピードに長けたタイプでむしろ1200mで真価を発揮する可能性は十分にありそうだ。 

サルビア

2歳時はデビュー2連勝で期待も大きかったサルビア。初の1200mで覚醒の予感も!?

 

マーメイドS的中で払戻金11万9700円!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

マーメイドS的中で払戻金11万9700円!プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

勝ち上がり全馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル