レッドガラン“覚醒”で荒れた金杯 人気馬は「大事」に乗られ過ぎ?

佐藤直文 レース回顧
中山金杯

チャンピオンズC的中 払戻金40万6800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

まだまだやれる7歳馬 レッドガランが2000mで覚醒

 前半1000m通過が62秒0というスローペース。それ以降は11秒台のラップが続いたものの、そこまでペースも上がり切らず、今の中山の馬場の適性が要求される瞬発力勝負となった。

 レッドガランは、前半の緩い流れにもピタリと折り合って好位を手応え良く追走。直線でやや強引に外へ持ち出されると、一気に突き抜けての快勝だった。これが7歳にして2000mでの初勝利となったが、適条件かと思えたマイルの京都金杯ではなく、こちらを使ってきたこと自体、馬場や距離の適性を陣営も見抜いていたと思える。新たな活躍の場も見い出したことで、まだまだやれるはずだ。

レッドガラン

4番人気のレッドガランが明け7歳で重賞初勝利をあげた

 2着スカーフェイスは、枠なりに外々を回るロスはあったものの、中団から巧く脚を使い切っての好走。揉まれずに運べたという点では、この馬にとって大外枠もむしろプラスに働いたかもしれない。

 3着ヒートオンビートは、直線で進路を探しながら脚を余してしまった形だが、道中のポジション取りも含めて、少し大事に乗られ過ぎたか。

 4着タガノディアマンテは、直線勝負に徹して馬場の内目からよく脚を伸ばしたが、如何せん2000mでは距離不足の馬。

 5着トーセンスーリヤは、行きたい馬を行かせて好位でスムーズな競馬ができてはいたが、やはり4角先頭のパターンでないとキレ負けしてしまう馬だ。

 ヴィクティファルスは、道中絶好のポジションで運べていたが、ハーツクライ産駒特有の揉まれ弱さが出てしまったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

チャンピオンズC的中 払戻金40万6800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

チャンピオンズC的中 払戻金40万6800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル