地力でダノンスコーピオン カワキタレブリーは「3着ならある」の言葉通り

佐藤直文 レース回顧
NHKマイルカップ

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

大外枠も何のその ダノンスコーピオン

 前半3ハロンが34秒1で縦長の展開となる淀みのない流れ。前に行った組には少々キツかったとはいえ、どのポジションからでも来られる地力勝負の競馬となった。

 ダノンスコーピオンは、大外枠からのスタートだったが、中団の外目を絶好の手応えで追走。直線を向いてからも何の不利もなく抜け出して力を発揮した形だ。最後は1頭になって、外から2・3着馬の強襲に遭ったものの、ここでは力が上だったことを証明したと言えよう。暮れの朝日杯FS3着の雪辱を果たしたことになるが、その勝ち馬が皐月賞で3着ながら性能の高さを示す走りだったことを考えても、朝日杯のレベルが例年以上だったと判断できる。

ダノンスコーピオン

大外枠も影響してか人気は4番目だったダノンスコーピオン

 2着マテンロウオリオンは、最内枠から出負けしたがテンから行く気はなく後方でジックリと待機。抑えもよく利いていて持ち味を存分に発揮した形だ。馬体からはまだ成長の余地も十分感じられるだけに、秋はマイルCSでも大きな期待が持てそうだ。

 3着カワキタレブリーは、2着馬と同じような競馬でゴール前の勢いででこちらが上だったかと思えるほど。戦績からとても手が出せない最低人気馬ではあったが、“完璧に立ち回れば3着ならある”という陣営の言葉通りの走りで、状態に関しては相当良かったのだろう。

 4着セリフォスは、パドックや返し馬でイレ込みが目立ち、道中でも折り合いに苦労するシーンが見られたが、このあたりはやはり久々の分だったか。それでもここまで走れば能力を改めてアピールしたと言うべきで、あとは気性面での成長だけだろう。

 5着インダストリアは、流れに乗って競馬ができたとはいえ、やはりマイルの流れでは少々厳しかったか。速い脚に欠ける中距離向きの体の使い方でもあり、距離が延びて改めて、だろう。

 ジャングロは、枠内で突進して引いたところでゲートが開き最後方からの競馬となったが、直線では2着馬に次ぐ上がりで差を詰めており、新たな面は見られた。今日のところはスタートが全てだったが、今後につながる走りだったように思う。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

24日(土)中山メイン21万0600円的中! プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル