「思い通り」にフェーングロッテン 6着ボーンディスウェイは「少し構え過ぎ」

佐藤直文 レース回顧
ラジオNIKKEI賞

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

全くロスのない立ち回りで フェーングロッテン

 新型コロナウイルスや地震の影響により3年ぶりでの有観客開催となった福島競馬。芝は開幕週らしい絶好の馬場となり、何を置いても内が有利であったが、特にコーナー4つの中距離戦ではなおさらであり、このレースにおいてもロスのない立ち回りができたか否かが勝負の明暗を分けたと言える。

 フェーングロッテンは、前走のような逃げの手も選択肢にあったかと思われるが、中団のインに控えて折り合いを付ける形。道中もピッタリと内を回って勝負どころでポジションを上げると、4コーナーでは逃げ馬の直後まで進出し、直線を向いて逃げ馬の外に進路がないと見るや、ラチと逃げ馬の間の僅かなスペースをついて鮮やかに抜け出したもの。全くロスのない立ち回りができたことが最大の勝因だが、自己条件でも大敗を喫していたほど気性面での難しさがあった馬が、ブリンカーの着用により鞍上の思い通りの競馬ができるようになった結果がここに集約されたと言えるだろう。

フェーングロッテン

松若騎手の手綱捌きも光ったフェーングロッテンが重賞初制覇

 2着ショウナンマグマは、前半1000m58秒8という速めのラップを刻みながらも、勝負どころで自身は息を入れて後続には脚を使わせることにより、渋太く粘り込んだ形。前走のプリンシパルSでは全く力を発揮できなかったが、右回りとこの距離で持ち味を生かし切ったと言える。

 3着サトノヘリオスは、折り合い重視だったとはいえ、結果的にはもう一列前で運びたかったところ。ゴール前の伸び脚は目立っていただけに、少しもったいない競馬だったか。

 4着ソネットフレーズは、今日の厳しい流れの中を前目で運んで崩れなかったあたりは能力を示したと言えるが、ベストはやはり1600mの馬だろう。

 5着ゴーゴーユタカは、大外枠から終始外を回る形で4コーナーも大外。今日の馬場では最も厳しい競馬を強いられた形だ。

 ボーンディスウェイは、同様に外を回る厳しい競馬だったが、本来はもう少し前で競馬ができる馬であり、少し構え過ぎた感を受けた。ベジャールは、手応え良く好位を追走できていたが、直線では余力がなかった。斤量もあったかと思われるが体調が伴っていなかったと判断できる。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル