【函館記念回顧】「驚きの走り」ハヤヤッコ 超ド級の“函館道悪”で求められたモノ

佐藤直文 レース回顧
函館記念

チャンピオンズC的中 払戻金40万6800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

タフな馬場を味方に付けて ハヤヤッコが消耗戦を制す

 雨を貰うと一気に重くなる函館の洋芝だが、2分3秒6の決着タイムは重発表でも実質は不良馬場と言っていいほどのタフな馬場。並みの道悪適性をはるかに超えるレベルが要求されたと言える。

 ハヤヤッコは、各馬ができるだけ馬場のいいところを選んで走らせていたのと対照的に、最内枠からそのままインをロスなく通ったばかりか、今日の馬場で1000m60秒1という過酷な流れを手応え良く運んでいたのだから、紛れもない道悪巧者の走り。3~4コーナーでの凄い行きっぷりを見せた時点で、勝負あった、とも思わせる見事なパフォーマンスだった。馬場も含めて色々と噛み合ったとはいえ、これだけの走りは底力なくしてはできない芸当だったろう。

 2着マイネルウィルトスもまた、道悪巧者ぶりを示す走りだったが、相手のレベルが一枚上だった。近走で長めの距離を使われていたことで、距離以上のスタミナが要求されるレースになったのは良かったとも言えるが、それでも小回りの2000mは少し忙しい馬かもしれない。

 3着スカーフェイスは、上がりのかかる展開の中で外を回ってよく差を詰めてきたが、道悪適性の差のみならず、状態面でもあと一歩だった感を受けた。

 4着ウインイクシードは、ブリンカーの効果で我慢が利いて見せ場十分の内容。良馬場であればもっとやれたかもしれないと思える走りだった。

 5着サンレイポケットは、道悪適性以前に、小回りコース自体が合わない印象。今日のところは地力だけで掲示板を確保した形だろう。

 アラタは、中団の外目を追走していたが、各馬が仕掛けた3コーナー過ぎから反応が悪くなったもの。これまた状態がそこまで伴っていなかったか。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

チャンピオンズC的中 払戻金40万6800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

チャンピオンズC的中 払戻金40万6800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル