【レパードS回顧】「壮絶な一戦」最後はホー 小回りハイペースで求められた“資質”と“策”

佐藤直文 レース回顧
レパードS

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

熱砂の叩き合いを 香港の名手に導かれたカフジオクタゴンが制す

 内枠から先手を奪いに行った2頭が、そのまま向正面まで競り合ったことにより、前半1000m通過は60秒5のハイペース。いくら前有利のコースであっても、この流れでは差し馬の出番となって当然だったが、後方からの直線勝負も決まらないコースであり、ペースが落ちたところでポジションを上げる器用さが問われる一戦となった。

 カフジオクタゴンは、大外枠から鞍上が促して中団で運び、勝負どころからはうまく内へ潜り込んでポジションを上げた形。カーブのキツい4コーナーでは少し外へ膨れ加減だったが、脚色は衰えることなく2着馬との叩き合いを制した。最後まで渋太く脚を伸ばした馬も強かったが、来日2週目にして新潟1800ダートの乗り方を熟知したかのようなホー騎手の手綱捌きも見事だったと言えよう。

カフジオクタゴン

多くの馬がバテバテになった一戦は、7番人気カフジオクタゴンとホー騎手がV

 2着タイセイドレフォンは、序盤は前を深追いせず、ペースの落ちた向正面からジワッとポジションを上げる、これまた上手な立ち回り。1番人気を背負い、勝ちに行っての結果だけに、負けて強しをアピールする走りだったろう。

 3着ハピも、向正面から仕掛けて4コーナーでは射程圏まで進出。最後は外で1頭になり、内で叩き合っていた2頭を捉えることができなかったが、上位2頭とは小回り適性の差もあったか。

 4着ビヨンドザファザーは、3着馬から5馬身離されての入線だったが、4コーナーでゴチャついて踏み遅れたことを考えれば、能力を示す走りだった。

 5着ホウオウルーレットは、道中は3着馬と同じ位置取りでの追走だったが、対照的に勝負どころでポジションを上げらなかったもの。そこまでの器用さに欠けたかもしれないが、鞍上にもひと工夫欲しかった感を受けた。

 ヘラルドバローズは、単騎で行けていればもっと楽なペースとなったはずだが、今日のところは仕方なかったろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

凱旋門賞的中 払戻金28万3800円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★4つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル