【菊花賞回顧】まさに“肉を切らせて骨を断つ” アスクビクターモア「VSタイトルホルダー」への期待

佐藤直文 レース回顧
菊花賞

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

大消耗戦をハナ差で制した アスクビクターモア

 ブリンカーを着けたセイウンハーデスが、ガンガン飛ばして1000m通過は58秒7。同じように前半が速かった昨年を1秒3も上回るラップだったが、その昨年はそこから一気にペースが緩んだのに対し、今年は13秒台のラップが8ハロン目にあるだけで、近年稀に見るほどの消耗戦になったと言える。結果的に阪神3000mのコースレコードが21年ぶりに塗り替えられる決着となったわけだ。

 アスクビクターモアは、この流れでの2番手追走は、かなり厳しい競馬だったはず。ただ、自らの手で瞬発力勝負ではなく持久力勝負に持ち込んだ、いわゆる“肉を切らせて骨を断つ”競馬で、最後はハナ差まで詰め寄られたものの、底力を示す強い内容だった。タイプ的に近い昨年の菊花賞馬タイトルホルダーとの対決も楽しみになったと言えよう。

アスクビクターモア

追撃凌いだアスクビクターモア(橙帽)がレコードタイムでラスト1冠を獲得

 2着ボルドグフーシュは、序盤は後方でジックリと脚を溜め、3~4コーナーの勝負どころで手応え良く進出。流れも向いたとはいえ、この距離でも最速の上がりを使えたのはステイヤーの証明だったろう。惜しむらくは今年の舞台が阪神であったこと。明らかに京都の方がいいタイプであり、来春の天皇賞はこの馬もまた楽しみだ。

 3着ジャスティンパレスは、外枠から上手く内に潜り込んで、持ち味の自在性を生かしたレースぶり。ラストも2着馬と併せる形で勝ち馬に迫ったが、最後に伸び負けたのは距離適性の分だったか。

 4着ドゥラドーレスは、2着馬とほぼ同じポジションから勝負どころで馬群の外を回る形となって、4コーナーでは大外。そのロスがなくても届かない着差ではあったが、2000mまでしか経験がなかったことを考えても、仕方のない結果だったか。

 ガイアフォースは、最内枠を利して道中もいい位置でロスなく立ち回り、折り合いも付いていたが、勝負どころで手応えが怪しくなって直線でも前走のような脚が使えなかったもの。距離の壁と見ていいだろう。

佐藤直文

筆者:


1963年、愛媛県生まれ。大学卒業後に入社し、当時(1馬)の看板評論家であった清水成駿に師事。坂路担当の調教班として馬の状態を自らの眼で確かめるとともに、独自の視点から発掘した穴馬を狙い撃つ予想スタイル。現、ラジオ日本、グリーンチャンネル解説者。

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

ジャパンカップ的中 払戻金28万2000円 プロ予想家40人集結、優馬プレミアム。

有馬記念特集

2022年有馬記念特集

有馬記念の結果、動画、出走馬一覧、単勝オッズ、歴代優勝馬、騎手・調教師データ、歴史などを紹介する特集ページです。出走馬一覧には、単勝オッズやデータを合わせて掲載。

  • 出走予定馬
  • 予想オッズ
  • 想定騎手
  • 優勝馬名
  • 優勝騎手名
  • レース動画

優馬 2歳馬チェック

優馬 2歳馬チェック

6月~12月に初勝利をあげた2歳馬を全頭チェック! 馬体は? 血統は? レース内容は? 総合的に判断をし、★評価をつけていきます。翌年のクラシック有力候補がきっと見つかるはず!

★5つ以上の馬を網羅。ダービー候補はこの馬!

ヒロイン候補が続出!? 牝馬の★評価。

注目勝ち上がり馬情報など毎週火曜更新。

トラックマン・記者一覧

競馬専門紙「優馬」トラックマン・記者一覧

平日はトレセンで東奔西走、週末はレース予想&馬券に全力投球。競馬専門紙「優馬」を支えるトラックマン&記者のプロフィールをご紹介します。

優馬@ソーシャル